宮澤賢治

宮澤賢治

略歴

  • 1896年(明治29年)8月27日 父宮澤政次郎?、母宮澤イチ?の長男として、岩手県稗貫郡花巻町大字川口(現花巻市豊沢町)母イチの実家で生まれる。家業は質屋兼古着商。政次郎は浄土真宗?の篤信家
  • 1906年(明治39年)8月頃より鉱物・植物採集に熱中「石コ賢さん?」と呼ばれる
  • 1909年(明治42年)4月 県立盛岡中学校?(現盛岡第一高等学校?)入学、寄宿舎自彊寮に入る。岩石採集に熱中
  • 1913年(大正2年)1月 退寮処分となる。清養院(曹洞宗)に下宿、その後徳玄寺(浄土真宗)に移る
  • 1914年(大正3年)3月 盛岡中学校?卒業
    • 9月 島地大?等編「漢和対照 妙法蓮華経」に激しく感動
  • 1915年(大正4年)4月 盛岡高等農林学校?(現岩手大学農学部?)に首席入学
  • 1917年(大正6年)7月 保阪嘉内?、河本義行?らと同人誌「アザリア?」創刊
  • 1918年(大正7年)2月 保阪嘉内?が「アザリア?」に発表した作品がもとで退学処分
    • 4月 研究生となり、関教授のもとで稗貫郡の土性調査
  • 1920年(大正9年)5月 盛岡高等農林学校?研究生終了
    • 10月 国柱会?に入会
  • 1921年(大正10年)1月 無断上京し国柱会?本部を訪れる
    • 8月 妹宮澤トシ?病気のため帰郷
    • 12月 稗貫郡稗貫農学校?(後の県立花巻農学校?)の教諭に
  • 1922年(大正11年)11月 妹トシ死亡
  • 1924年(大正13年)4月 詩集『春と修羅』?を自費出版
    • 12月 童話集『イーハトーブ童話 注文の多い料理店』?単行本として発行
  • 1926年(大正15年)3月 花巻農学校?依願退職
    • 4月 下根子で独居自炊生活を始める
    • 8月頃 羅須地人協会設立
  • 1927年(昭和2年)肥料設計、稲作指導に奔走する
  • 1928年(昭和3年)8月 発熱病臥、12月 急性肺炎を病む。
  • 1930年(昭和5年)健康やや回復、園芸を始める
  • 1931年(昭和6年)2月 東北砕石工場の技師となり東北各地へ出張
    • 9月 宣伝のため40Kgのトランクを持ち上京、上京後すぐ病臥、帰郷、以後は病床生活
  • 1933年(昭和8年)9月21日 午後1時半 花巻の宮澤家で結核のため死去、享年37歳

賢治の年表

生前に出版された作品

  • 詩集『春と修羅』?(生前自費出版された唯一の詩集。1924年(大正13年)4月発行)所収
    • 「春と修羅」?
    • 「眞空溶媒」?
    • 「小岩井農場」?
    • 「グランド電柱」?
    • 「東岩手火山」?
    • 「無聲慟哭」?
    • 「オホーツク挽歌」?
    • 「風景とオルゴール」?
  • 童話集『イーハトーブ童話 注文の多い料理店』?単行本として1924年(大正13年)12月発行。生前刊行した唯一の童話集)所収
    • 「どんぐりと山猫」?
    • 「狼森と笊森、盗森」?
    • 「注文の多い料理店」?
    • 「烏の北斗七星」?
    • 「水仙月の四日」?
    • 「山男の四月」?
    • 「かしはばやしの夜」?
    • 「月夜のでんしんばしら」?
    • 「鹿踊りのはじまり」?

おもな作品

  • 『銀河鉄道の夜』(「銀河鉄道の夜」?
  • 「やまなし」?
  • 「よだかの星」?
  • 「雪渡り」?
  • 「貝の火」?
  • 「フランドン農学校の豚」?
  • 「オツベルと象」?
  • 「セロ弾きのゴーシュ」?
  • 「ポラーノの広場」?
  • 「ペンネンネンネンネン・ネネムの伝記」?
  • 「グスコーブドリの伝記」?

家族

記念館

宮沢賢治記念館
花巻市矢沢1-1-36
昭和57年9月21日(賢治の命日)に賢治没後50年を記念してオープン。賢治の愛用品、原稿など賢治ゆかりのものの展示のほか、ビデオやスライド、図書資料など。隣接して賢治研究の拠点となるイーハトーブ館や賢治が設計した南斜花壇もある。

賢治の作品を公開しているサイト

賢治の作品世界について解説・表現しているサイト

関連リンク集

* はてなダイアリーキーワード:宮澤賢治