ライトノベル

ライトノベル

近年では、作品の多様化と、読者年齢層の多様化が見られ、また、作家乙一冲方丁など、ライトノベルと、一般向け小説を両方出版する作家が増加、ライトノベル出身で芥川賞など、権威ある賞を受賞する作家の出現など、今までの概念を突き崩し、大きく広がりを見せている。

またジャンルとしては、恋愛、SF、ファンタジー、ミステリー、ホラーと、広く横断する。テレビゲーム、漫画、アニメなどを原作にしたものも多く発売されるのも特徴だ。 形態としては、安価な文庫で出版されることが多いが、近年は読者層の変化、嗜好の細分化などから、より少ない発行部数でも採算の取りやすい新書(ノベルズ)ハードカバーなどで発売されることも増えている。

言葉の起源

ライトノベルという言葉は、諸説あるが、パソコン通信ニフティーサーブ?の「SFファンタジー・フォーラム」にて、今までのSFやファンタジーと独立した会議室を作る際に「ライトノベル」と名づけられたことが始まりとされる。読者の間から生み出された言葉である。

今まで、出版社が読んでいた名称で、「ジュブナイル小説」は語感が悪く「ヤングアダルト小説」は「ヤングのアダルト小説」と読めてしまうことから、手軽に読める名称として作られた。しかし、当時から賛否両論だった。近年では、新聞、各種メディアなどでもライトノベルと呼ばれるようになり、現在ではこの呼び名が一般的となっている。

しかし、「軽い小説」と略されることから、読者にどのように受け入れられているかと言うことに寄らず、自らは絶対に「ライトノベル」と呼ばない出版社作家などはいまだ多い。

ライトノベルの定義論争

ライトノベルと、そのほかの小説の境界はあいまいであり、また、そもそものはっきりと定義を持った言葉ではないことから、「ライトノベルの定義」について、さまざまな議論が行われている。その中で、

など、さまざまな定義が作られた。しかしいずれも結論とはならず「あなたがそうだと思うものがライトノベルです。ただし、他人の同意を得られるとは限りません。」(2ちゃんねる?、ライトノベル板?)などの言葉が示すようにその定義は流動的なものになっている。

しかし、現状では、ライトノベルを出版しているレーベルから発売されている、ということで、ある程度区別できる。


また、ライトノベルのような形態をとり、成人向けゲームを原作にするなどして、性描写を入れた成人向け小説や、美男子どうしの性愛を描いたボーイズラブ小説なども近年盛んに発売されるようになってきている。しかし、それらは通常ライトノベルとは言わず、別の言葉で表されることが多い。

ライトノベルレーベル一覧

  • 講談社
    • 講談社X文庫?
      • 講談社X文庫ティーンズハート?
      • 講談社X文庫ホワイトハート?
    • 講談社ノベルズ?

Wikipedia:ライトノベルの項 を整形して掲載しました。)

* はてなダイアリーキーワード:ライトノベル