『阿房列車』

『阿房列車』

作品の紹介

内田百閒の随筆 

別段用事があるわけでもなく、ただ列車にのって出かけてみる、道連れは、国鉄のヒラヤマ山系氏、出かけた先でなにをするわけでもなく、宿屋に投宿しては、ただ飲んでいるだけ、なにか特別のことがあるわけでもないのだが、当時の鉄道、世相を反映した随筆集

初出誌 

小説新潮

  • 特別阿房列車 昭和26年1月号
  • 区間阿房列車 昭和26年6月号
  • 鹿児島阿房列車 前章 昭和26年11月号
  • 鹿児島阿房列車 後章 昭和26年12月号
  • 東北本線阿房列車 昭和27年2月号
  • 奥羽本線阿房列車 前章 昭和27年3月号
  • 奥羽本線阿房列車 後章 昭和27年6月号
  • 雪中新潟阿房列車 別冊昭和28年5月号
  • 雪解横手阿房列車 昭和28年6月号
  • 春光山陽特別阿房列車 昭和28年8月号
  • 雷九州阿房列車 前章 昭和28年10月号
  • 雷九州阿房列車 後章 昭和28年11月号

単行本

文庫