『長い長い殺人』

『長い長い殺人』

作品紹介

ながいながいさつじん

数あるミステリー探偵小説で、人間以外が登場する作品は数多く存在するが、この宮部みゆきの作品はストーリーが登場人物の財布によって進行する、ミステリー連作短編集、刑事、目撃者、探偵から被害者(死者)そして犯人まで、それその登場人物が財布の視点?でつづられてゆく

レビュー

収録作品と初出

第1話のみ別冊小説宝石?、以後は小説宝石で発表、雑誌連載時のタイトルは十三の財布の物語の副題がついていた。

  • 「刑事の財布」1989年12月初冬号
  • 「強請屋の財布」1990年1月号
  • 「少年の財布」1990年5月号
  • 「探偵の財布」1990年9月号
  • 「親友の財布」1990年12月号 「目撃者の財布」に改題
  • 「死者の財布」1991年2月号
  • 「旧友の財布」1991年5月号
  • 「証人の財布」1991年9月号
  • 「部下の財布」1991年9月号
  • 「犯人の財布」1992年2月号
  • 「エピローグ 再び探偵の財布」 書き下ろし

書籍情報