『支那そば館の謎』

『支那そば館の謎』

作品紹介

北森鴻のミステリー短編集

京都嵐山の奥、観光客もまばらな貧乏寺の住職とちょっとわけありの寺男、それに京都地方新聞の元気な女性記者が京都ならではの事件にまきこまれます。

感想

書籍情報