『三四郎』

『三四郎』

作品紹介

サンシーロ 中編小説

慶応から明治へと年号だけでなく国の枠組みさえもがガラっと改まった混乱の時期を経て、幾年月。混乱は落ちついてきた感もあるとはいえ、まだまだ変革のうねりはつづき、日本の大都なる「東京」は今日も活気に溢れて見える。

ロマネスク東京を舞台に、暗躍するシシリー・マフィアや対立する蛇頭。彼等の跋扈に対し、シマを守ろうとする「組」の男たちも決して一枚岩ではなく、改革路線の構成員あり、あくまで任侠道を連ぬこうと生きる不器用な男あり。

絡みあう義理と人情。すれ違う男の理屈と女の気持ち。縺れあう人間模様は、もはや智力でも理力でも魔法の棹でもほぐせない。

と、そんな折り、ひょんなことから、熊本から出てきた好男子が、八面六臂の活躍を見せて、事態は思わぬ方向に……。

g:club-tahoiya:id:Nabetani

著者

夏目漱石

レビュー

その他

上記の、「たほいや的紹介文」は、つまらない冗談です。ついついキーボードが思わぬ方向に……。すいません。(nobody)