『しゃばけ』

『しゃばけ』

作品紹介

  • 江戸時代が舞台のミステリー
  • タイトルの『しゃばけ』は娑婆気とは
  • 娑婆気(しゃばけ) 俗世間における、名誉、利得などのさまざまな欲望にとらわれる心
    • 国語大辞典『言海』小学館 より
  • 病弱な大店の若だんなの一太郎、外出もままならないはずなのに、ある夜こっそり出か方帰りの夜道で人殺しに出くわして、なぜが、店の手代として一緒に暮らす妖怪たちと真相究明にのりだしてゆく

感想