Hatena::Groupbook

katsu8's booklog

2009-12-27

木尾士目『げんしけん』(1)

| 00:16

年末は読み返すのにいい時期ですな。


舞台のモデルは中央大学。1話から大学サークル入りたてで「あるあるw」という通過儀礼で始まりますね。木尾士目という漫画家はこの作品で初めて知り、後に『四年生』と『五年生』を読んだのですが、非常に大学生ならではの感情の機微を読むのがうまいなーと思います。現在連載している『ぢごぷり』もだいぶ絵の見た目や作品の雰囲気をガラリと変えてきていますが、これは作者が恐らく描いてて飽きてしまうのであって、根底で人間の心理描写を描きたいのは変わっていません。

四年生 (アフタヌーンKC)

四年生 (アフタヌーンKC)

五年生(1) (アフタヌーンKC)

五年生(1) (アフタヌーンKC)

ぢごぷり(1) (アフタヌーンKC)

ぢごぷり(1) (アフタヌーンKC)



「俺に足りないのは覚悟だ」

アニメの絵のエロ本を大量に見つけたんだわ(※咲ちゃんは"ア"にアクセントを置いています)

それよりヤバいのはそうやって自分を隠して人を遠ざけることじゃないの? 同じことして友達いなかった奴一人知ってるよ?

マジで隠さなきゃならない秘密ならまだしもたかが趣味でしょ 本当は仲間がほしいんだよね だから鍵かけなかったんでしょ?

大掃除を期に。

23:22

読書記録だー。