Hatena::Groupbook

あるふぁの本棚 このページをアンテナに追加 RSSフィード

bookグループキーワードの検索  
ブログブクログ私はこんな本を読んできた(2004/10/30:更新)本好きへの100の質問の回答
2004/5/11AM10:30よりカウント:700056

2004-06-25

[] 藤木稟 『朱雀十五シリーズ夢魔の棲まう処』 徳間ノベルズ  藤木稟 [[『朱雀十五シリーズ]][[夢魔の棲まう処』]] 徳間ノベルズ - あるふぁの本棚 を含むブックマーク はてなブックマーク -  藤木稟 [[『朱雀十五シリーズ]][[夢魔の棲まう処』]] 徳間ノベルズ - あるふぁの本棚  藤木稟 [[『朱雀十五シリーズ]][[夢魔の棲まう処』]] 徳間ノベルズ - あるふぁの本棚 のブックマークコメント

夢魔の棲まう処 朱雀十五シリーズ (トクマ・ノベルズ) isbn:419850637X

★★☆☆☆

注意 この作品は盲目の名探偵 朱雀十五が活躍するシリーズの7冊目です。登場人物の背景や説明は改めてこの作品の中でなされていませんので、興味をもたれた方は、最初の『陀吉尼の紡ぐ糸』より読み始めることをお勧めします。

時代は戦前、軍部の力が強くなっていることが、日常生活にも影を落とし始めたころ、街には、行くあてのない子供たちが浮浪児となり、死ぬことを目的とする謎の宗教団体が台頭してくる、そんな中で起きる浮浪児を対象とした連続殺人事件が起こる、今回、盲目の名探偵 朱雀十五はあまり表舞台には登場せず、安楽椅子探偵よろしく、後半にしっかり謎だけ解く役にまわる。

なぜか読み進めていくと、今のこの時代と似通っている部分があるような気がしてくる、軍の問題、子供も問題、宗教の問題、これらの問題は時代を超えて、常に意識され続けてゆくのかと思うと少し怖い気がする。

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/jinc/20040625

2004-06-22

[] 戸松淳矩 『名探偵は千秋楽に謎を解く』 創元推理文庫  [[戸松淳矩]] [[『名探偵は千秋楽に謎を解く』]] 創元推理文庫 - あるふぁの本棚 を含むブックマーク はてなブックマーク -  [[戸松淳矩]] [[『名探偵は千秋楽に謎を解く』]] 創元推理文庫 - あるふぁの本棚  [[戸松淳矩]] [[『名探偵は千秋楽に謎を解く』]] 創元推理文庫 - あるふぁの本棚 のブックマークコメント

名探偵は千秋楽に謎を解く (創元推理文庫) isbn:4488446019

★★★☆☆

6月の新刊として購入したのだが、初出は1979年の作品

東京は下町を舞台に、小さな相撲部屋と高校生がくりひろげるどたばたミステリー、ジュブナイル作品

バブルの波を受ける前の東京下町の雰囲気がちょっと懐かしい感じの作品です。謎そのものは、大層なしかけでもなく、最後はちょっと落語の人情話の感じで終わります。あんまり肩肘はらずに楽しめる感じで、この後何作が文庫化されるようなので、一応チェック。

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/jinc/20040622

2004-06-08

[] 鳥飼否宇 『中空』 角川文庫  [[鳥飼否宇]] [[『中空』]] 角川文庫  - あるふぁの本棚 を含むブックマーク はてなブックマーク -  [[鳥飼否宇]] [[『中空』]] 角川文庫  - あるふぁの本棚  [[鳥飼否宇]] [[『中空』]] 角川文庫  - あるふぁの本棚 のブックマークコメント

中空 (角川文庫) isbn:4043731027

★★★★☆

非常に不思議な感じの話

鹿児島県は大隈半島の南端、ほとんど陸の孤島といってよい隔絶された場所にある、竹茂村、この村に住む7世帯12名の人たち、この閉鎖された環境と古くからの因習による生活と過去の忌まわしい事件、この設定で、第21回横溝正史ミステリ大賞受賞作と帯にかかれると、あの名作、『八墓村』を連想してしまうのだが、不思議なほど、どろどろした感じがしない、主人公である写真家 猫田夏海の素直さ、たとえば、宴席で女性が表にでてこないことに対する違和感などの記述や、探偵役である鳶山久志のぬけ具合、彼はこの陸の孤島に読みかけであるという理由で分厚い『重力の虹』上下巻をわざわざ持ち込んでいたりする、などの人物描写によるものかもしれない。今月の候補作筆頭。

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/jinc/20040608

2004-06-04

[] 松尾由美 『バルーン・タウンの殺人』 創元推理文庫  松尾由美 [[『バルーン・タウンの殺人』]] 創元推理文庫 - あるふぁの本棚 を含むブックマーク はてなブックマーク -  松尾由美 [[『バルーン・タウンの殺人』]] 創元推理文庫 - あるふぁの本棚  松尾由美 [[『バルーン・タウンの殺人』]] 創元推理文庫 - あるふぁの本棚 のブックマークコメント

バルーン・タウンの殺人 (創元推理文庫) isbn:4488439020

★★★☆☆

妊婦だけが暮らす町、なんとも長閑でなにごともおこりそうがない設定なのだが、探偵役は妊婦の暮林美央と現職の刑事、江田茉莉奈、表題作の「バルーン・タウンの殺人」では、目撃証言が、8ヶ月ぐらいの妊婦であってマタニティドレスを着ているという、まるで、役にたたないものだったり、「バルーン・タウンの密室」では、警視庁自慢の捜査支援コンピューターのニックネームがドウエル教授*1と密室事件でおなじみの建物の配置図つき、「亀腹同盟」はシャーロック・ホームズの各作品*2をネタにしながらそれでも独自の作品になっている、「なぜ、助産婦に頼まなかったのか?」は国際謀略もの、最後の「バルーン・タウンの裏窓」は創元推理文庫版のみ収録で、外伝的な作品

SF的ば部分を多分に持ちながらも、ミステリー(謎解き)の部分がしっかり構成されているのと、全編にわたり子供を生むということが、個人の問題でありながら、社会や政治と切り離すことができないという事実が描かれている、しかし、そのことが説教くさくなく、ミステリーとしての構成を邪魔していない感覚が好感がもてる。

*1:『ドウエル教授の首』A・ベリャーエフのSF作品で生首だけで生きている

*2:ネタにされているのは「赤毛連盟」「6つのナポレオン像」「踊る人形」

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/jinc/20040604

2004-06-01

[] 『探偵儀式Vol.1』 角川コミックAエース  [[『探偵儀式]]Vol.1』 角川コミックAエース  - あるふぁの本棚 を含むブックマーク はてなブックマーク -  [[『探偵儀式]]Vol.1』 角川コミックAエース  - あるふぁの本棚  [[『探偵儀式]]Vol.1』 角川コミックAエース  - あるふぁの本棚 のブックマークコメント

原作:清涼院流水 原案・脚本:大塚英志 漫画:箸井地図

探偵儀式 (1) (角川コミックス・エース) isbn:4047136093

★★☆☆☆

コミックはやめとこうとおもっていたのだが、このメンバーなものでつい

あとがきにも書かれているとおりにこの作品のテーマは反則、舞台設定も登場する探偵らもみんなミステリーとしてのルールに反則、そもそも、これから発生する事件と犯人が書かれている本を読んでいるのはそもそも探偵ではないのではないか、という突っ込みはおいておいて、冒頭の1巻でJDC300名の探偵のうち97名が殺害されてしまうという設定を今後どのように片付けてゆくのかが楽しみ、大塚さんが手をいれているから、カーニバルのようなことにはならないと期待しているが、どうなることやら

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/jinc/20040601

2004-05-27

[] 田中啓文 『蓬莱洞の研究』 講談社ノベルズ  田中啓文 [[『蓬莱洞の研究』]] 講談社ノベルズ  - あるふぁの本棚 を含むブックマーク はてなブックマーク -  田中啓文 [[『蓬莱洞の研究』]] 講談社ノベルズ  - あるふぁの本棚  田中啓文 [[『蓬莱洞の研究』]] 講談社ノベルズ  - あるふぁの本棚 のブックマークコメント

『私立伝奇学園高等学校民俗学研究会』その1

蓬莱洞の研究―私立伝奇学園高等学校民俗学研究会〈その1〉 (講談社ノベルス) isbn:4061822853

★★★☆☆

設定が少々乱暴な部分もあるし、最後は駄洒落だし、シリーズ全体のネタが1作目ですでに想像がつくしとこれだけを書いてしまうと、面白みにかけるようであるが、この作品というよりこの作者の場合には、この広げた大風呂敷をいったいどのようにして手仕舞いしてゆくのかが注目点になる、ネタは日本神話の世界とUMA(未確認生物)と作者の得意分野なだけに注目

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/jinc/20040527

2004-05-26

[][] 紀田順一郎 『第三閲覧室』 創元推理文庫  紀田順一郎 [[『第三閲覧室』]] 創元推理文庫  - あるふぁの本棚 を含むブックマーク はてなブックマーク -  紀田順一郎 [[『第三閲覧室』]] 創元推理文庫  - あるふぁの本棚  紀田順一郎 [[『第三閲覧室』]] 創元推理文庫  - あるふぁの本棚 のブックマークコメント

第三閲覧室 (創元推理文庫) isbn:448840605X

★★★☆☆(本好きならもう一つ)

本が好きというのは、当然本を読むことが好きであるというほかに本そのものが好きな人たちがいる、神田の古書店などには、1冊、数十万もする希購本が並べられている、この本の舞台もそんな、本に見せられた人たちの話である。私も結構本は購入して読むほうで、神田などの古本街にもかつてはよく足を運んだ、しかし本そのものは家の中で無造作に積んであるだけで、本としての愛着はさほどあるほうではない、でも、この話の中で語られる本を取り巻く人たちの本に対する思いはある部分共感できるものがある、やっぱり本という魔物に私も取り込まれた一人なのだろうか

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/jinc/20040526
カレンダー
1000 | 01 | 02 | 03 | 04 |
1001 | 01 | 02 | 03 |
1997 | 01 | 07 | 08 |
1999 | 07 |
2001 | 03 | 08 | 11 | 12 |
2002 | 03 | 06 | 07 | 11 |
2004 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 09 |
2009 | 01 | 05 | 12 |
2015 | 07 |