Hatena::Groupbook

あるふぁの本棚 このページをアンテナに追加 RSSフィード

bookグループキーワードの検索  
ブログブクログ私はこんな本を読んできた(2004/10/30:更新)本好きへの100の質問の回答
2004/5/11AM10:30よりカウント:697830

2007-11-19灯りのついている部屋に入るのって嬉しい

『図書館革命』 有川浩 メディアワークス 『図書館革命』 有川浩 メディアワークス - あるふぁの本棚 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『図書館革命』 有川浩 メディアワークス - あるふぁの本棚 『図書館革命』 有川浩 メディアワークス - あるふぁの本棚 のブックマークコメント

図書館革命

図書館革命

★★★★☆

戦争-内乱-危機に続いて4作目でシリーズ最終巻

テロリストによる原発襲撃事件が勃発、その犯行手口によくにたサスペンス小説作家に対して良化委員会から作家の執筆活動に対する一定の制限を行うための動きが

図書館隊は作家を匿いつつ、言論統制に対する危機感を募らせる既存メディアとともに対抗策を講じることになる

冒頭のテロ事件から言論統制強化、既存メディアの反抗までの流れが、うまいなぁと思う、また今回はちょっといきなりの感もあるけど、視野が世界にも広がる(最後にこれをもってくるならもう少しまえに少しでも海外視点があってもよかったかな)あんまり書いちゃうとネタバレになるんで、この辺で

図書館隊、良化委員会、そして未来企画

それぞれの思惑が交錯する中、台風による大雨の中での大立ち回り

そして最後は落ち着くところに落ち着いたなという結末

おしむらくは、もう少し良化委員会側の描写があると対立関係がもう少し深くなったかなという気がしなくもないですが

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/jinc/20071119
カレンダー
1000 | 01 | 02 | 03 | 04 |
1001 | 01 | 02 | 03 |
1997 | 01 | 07 | 08 |
1999 | 07 |
2001 | 03 | 08 | 11 | 12 |
2002 | 03 | 06 | 07 | 11 |
2004 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 09 |
2009 | 01 | 05 | 12 |
2015 | 07 |