Hatena::Groupbook

あるふぁの本棚 このページをアンテナに追加 RSSフィード

bookグループキーワードの検索  
ブログブクログ私はこんな本を読んできた(2004/10/30:更新)本好きへの100の質問の回答
2004/5/11AM10:30よりカウント:649800

2007-06-29でも黄金バットは飛べるんだよ

『浦島太郎の真相 恐ろしい八つの昔話』 鯨統一郎 カッパノベルス 『浦島太郎の真相 恐ろしい八つの昔話』 鯨統一郎 カッパノベルス - あるふぁの本棚 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『浦島太郎の真相 恐ろしい八つの昔話』 鯨統一郎 カッパノベルス - あるふぁの本棚 『浦島太郎の真相 恐ろしい八つの昔話』 鯨統一郎 カッパノベルス - あるふぁの本棚 のブックマークコメント

浦島太郎の真相 恐ろしい八つの昔話 (カッパノベルス)

浦島太郎の真相 恐ろしい八つの昔話 (カッパノベルス)

★★☆☆☆

カバーの裏に本人が書いているように、ミステリ(事件)、昔話の新解釈、そして昔のテレビや歌謡曲の話がぜんぜんかみ合ってないという珍しい構成ですとの言葉とおりの作品

うーん

なつかしの昭和ネタの部分は、そう、いわば、飲み屋での馬鹿話、設定もそうだしね、特撮ものとかはわりとカバーしている範囲がわかるネタなので、それなりなんですが、全体を通じてのからくりみたいのが無いんで、なんとなくおさまりが良くないです

最近、ちょっと中途半端なのが多いような気がします

  1. 浦島太郎の真相
  2. 桃太朗の真相
  3. カチカチ山の真相
  4. さるかに合戦の真相
  5. 一寸法師の真相
  6. 舌切り雀の真相
  7. こぶとり爺さんの真相
  8. 花咲爺の真相
トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/jinc/20070629

2007-06-26意地悪な人

『ゼロの使い魔 4 誓約の水精霊』 ヤマグチノボル MF文庫 『ゼロの使い魔 4 誓約の水精霊』 ヤマグチノボル MF文庫 - あるふぁの本棚 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『ゼロの使い魔 4 誓約の水精霊』 ヤマグチノボル MF文庫 - あるふぁの本棚 『ゼロの使い魔 4 誓約の水精霊』 ヤマグチノボル MF文庫 - あるふぁの本棚 のブックマークコメント

★★★☆☆

神聖アルビオンの侵攻をくいとめた、トリステイン、結局単独で、アルビオンを退けたこととなり、アンリエッタの婚姻は延期(破棄)、そのうえ、正式に王女として即位、あれ、いままでは、王位は空席だったんかこの国は、彼女の母は即位せいずに大后のままだったよね

アルビオンを退けたといっても講和をしている状態ではなさそうだし、彼女はまだ若い、通常なら、摂政とかおきそうなものだけど、どうやらトリステインは親政が原則のようですね

ルイズとサイトの方は、終始ラブコメ

タバサとキュルケって仲いいのね、タバサ里帰り、二人とも留学生だったのね、この世界って言葉どうなっているんだろう、トリステインとガリアは言葉が近いとか書かれているけど、いままでの描写の中で言葉に困っているシーンって、無かったんじゃないかな、みんな貴族だからその辺はクリアしているのか

人外の存在として、水の精霊が登場、死者を操る指輪の本来の所有者、悠久の時の中を存在しつづける存在

指輪ってのがキーなのね

3巻で復活(ゾンビだけど)した、ウェールズ、アンリエッタの拉致に走ります

まあ、短期的にはありな戦略かもしれんが、当然、ルイズたちの阻止されます、もう少し長期的な視点で、トリステイン内に亡命政府の形をつくって、トリステイン側の動きの諜報活動に徹したほうがよかったんではないかい、せっかく、ゆうこと聞く繰り人形だったんだから

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/jinc/20070626

2007-06-24魔女……だよね

『モップの魔女は呪文を知ってる』 近藤史恵 JOYノベルス 『モップの魔女は呪文を知ってる』 近藤史恵 JOYノベルス - あるふぁの本棚 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『モップの魔女は呪文を知ってる』 近藤史恵 JOYノベルス - あるふぁの本棚 『モップの魔女は呪文を知ってる』 近藤史恵 JOYノベルス - あるふぁの本棚 のブックマークコメント

モップの魔女は呪文を知ってる (ジョイ・ノベルス)

モップの魔女は呪文を知ってる (ジョイ・ノベルス)

★★★☆☆

キリコの三冊目、随分間があいちゃったようですが

『天使はモップをもって』 *1

『モップの精は深夜に現れる』 *2

あいかわらず、キリコさん、場所を変えながら夜間の清掃のお仕事です(4つの短編は全部ちがう職場)

今回は大介さんの登場は無し、だけど、第二病棟の魔女でちょっとだけ、彼女自身の話も登場します(ネタばれになるからいわない)

一番キリコらしいのは、最後の「コーヒーをもう一杯」かな、短いけど

切れのよさと対応力のすごさが、いい感じになってます

  1. 「水の中の悪意」
  2. 「愛しの王女様」
  3. 「第二病棟の魔女」
  4. 「コーヒーをもう一杯」
トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/jinc/20070624

2007-06-19あなたが結婚なさればよろしいわ!

『ゼロの使い魔 3 始祖の祈祷書』 ヤマグチノボル MF文庫 『ゼロの使い魔 3 始祖の祈祷書』 ヤマグチノボル MF文庫 - あるふぁの本棚 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『ゼロの使い魔 3 始祖の祈祷書』 ヤマグチノボル MF文庫 - あるふぁの本棚 『ゼロの使い魔 3 始祖の祈祷書』 ヤマグチノボル MF文庫 - あるふぁの本棚 のブックマークコメント

★★★☆☆

2巻で無事アンリエッタ王女との約束を果たした、ルイズたち、なんとかアルビオンから戻ったものの、アルビオン王国が破れ、反乱軍による、神聖アルビオン共和国が成立、ん、なんで共和国に皇帝がいるの?

トリステインとゲルマニアとの同盟もきまり、アンリエッタが婚礼のためゲルマニアに赴こうとするとの時、両王家婚礼に参列するため訪れたアルビオン艦隊とトリステイン艦隊の間で武力衝突

アルビオン側の艦隊整備の期間が少々短いきもするが、まあいいでしょう

アルビオン側としては、トリステイン=ゲルマニア軍事同盟が軌道にのるこのタイミングで一気にトリステインを抑えこもうとする、これはもう一国、ガリアの押さえがある前提で正しい判断

計算違いだったのが、サイトが見つけ出した、竜の羽衣こと、三菱零式艦上戦闘機、反則技もはなはだしいが、サイトのあらゆる武器を扱う能力という設定にはなんら矛盾なし、どうやら燃料も錬金でなんとかなるらしい

ただし、零戦に二人は乗れないと思うぞ、いくら通信機おろしても、風防あけたままで木の葉おとしじゃ絶対落ちるっていくらんなんでも

とまあ、ルイズの力のおかげでアルビオン遠征艦隊は壊滅

婚礼をすっとばしたおかげで、同盟はどうするの?

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/jinc/20070619

2007-06-17おばあちゃんちで、お稲荷さんたべた?

『隣之怪 木守り』 木原浩勝 幽ブックス 『隣之怪 木守り』 木原浩勝 幽ブックス - あるふぁの本棚 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『隣之怪 木守り』 木原浩勝 幽ブックス - あるふぁの本棚 『隣之怪 木守り』 木原浩勝 幽ブックス - あるふぁの本棚 のブックマークコメント

隣之怪 木守り (幽BOOKS)

隣之怪 木守り (幽BOOKS)

★★★★☆

ちょっと季節的には早いかもしれないですけど、怪談話

全部で24編を収録

雰囲気は、新耳袋と同じですね、聞き取りで集めたすこし不思議な話

新耳袋のあと映像作品やらなんやらいろいろ展開しているみたいですけが、字で読む、いやたぶん一番ならの声で聞くのがいいんだろうな、この手の話は

「はじめてのおつかい」が一等好き

怪談じゃないかもしれないけどね

こんな物たちはもう残っていないのかもしれないですけどね

augdatfufzaugdatfufz2007/09/05 19:38Hello! Good Site! Thanks you! qramhgrkqlhf

jugxmjmihfjugxmjmihf2007/09/06 05:33Thanks for this site!
<a href=http://m.i3sa.cn/eaag.html >eaag.html</a>
<a href=http://m.i3sa.cn/eaab.html >eaab.html</a>
<a href=http://m.i3sa.cn/eaah.html >eaah.html</a>
<a href=http://m.i3sa.cn/eaaq.html >eaaq.html</a>
<a href=http://m.i3sa.cn/eaae.html >eaae.html</a>
<a href=http://m.i3sa.cn/eaak.html >eaak.html</a>
<a href=http://m.i3sa.cn/eaar.html >eaar.html</a>
<a href=http://m.i3sa.cn/eaas.html >eaas.html</a>
<a href=http://m.i3sa.cn/eaap.html >eaap.html</a>
<a href=http://m.i3sa.cn/eaaa.html >eaaa.html</a>
<a href=http://m.i3sa.cn/eaad.html >eaad.html</a>
<a href=http://m.i3sa.cn/eaai.html >eaai.html</a>
<a href=http://m.i3sa.cn/eaao.html >eaao.html</a>
<a href=http://m.i3sa.cn/eaac.html >eaac.html</a>
<a href=http://m.i3sa.cn/eaam.html >eaam.html</a>
<a href=http://m.i3sa.cn/eaaj.html >eaaj.html</a>
<a href=http://m.i3sa.cn/eaal.html >eaal.html</a>
<a href=http://m.i3sa.cn/eaan.html >eaan.html</a>
<a href=http://m.i3sa.cn/eaaf.html >eaaf.html</a>

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/jinc/20070617

2007-06-09歴史に”もしも…・・・” は、あり得ないとされる。

『翼に日の丸 上 双戦編』 川又千秋 角川文庫 『翼に日の丸 上 双戦編』 川又千秋 角川文庫 - あるふぁの本棚 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『翼に日の丸 上 双戦編』 川又千秋 角川文庫 - あるふぁの本棚 『翼に日の丸 上 双戦編』 川又千秋 角川文庫 - あるふぁの本棚 のブックマークコメント

翼に日の丸 上 双戦篇 (角川文庫)

翼に日の丸 上 双戦篇 (角川文庫)

★★★☆☆

今のジャンル分けだと、架空戦記物に入れられしまうのだろうが、ここはあえて、冒険小説としたい。

そもそもが、遥か昔にノベルスで10冊以上のシリーズものだった、ラバウル烈風航空隊(シリーズ名がたしかじゃない)の世界と登場人物を借りて、太平洋戦争全体を振りかえる文庫3冊シリーズの一冊目

太平洋戦争(この世界の)を戦いぬいた、主人公、風間健児の空の戦いの記録である

1冊目は、風間の初陣である、中国は漢口から始まる、最初の乗機は、九六式、ここを振り出しに主に南方での作戦に従事することになる

作品中には実際に史実を異なる部分というか、小説だからね、あたりまえなんだけど、当然入り込んでくる、でもその入り込みかたの説得力がいい、1冊目のサブタイトルにもなっている、双戦、名機の誉れたかい、零戦をそのまま双発化(エンジンは同じもの、ほかの部分も可能なかぎり零戦のパーツを流用したという)した機体は、史実の技術力から充分延長が可能なものだし、その弱点もしっかり描かれている

1冊目は、日米開戦、英軍空母インドミタブルへの航空攻撃、そして、B-25による東京空襲

風間の乗機は、九六艦戦、零戦、そして双戦

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/jinc/20070609

2007-06-07生きてることと、死ぬことは対象じゃないからな

『もうひとつの季節』 保坂和志 中公文庫 『もうひとつの季節』 保坂和志 中公文庫 - あるふぁの本棚 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『もうひとつの季節』 保坂和志 中公文庫 - あるふぁの本棚 『もうひとつの季節』 保坂和志 中公文庫 - あるふぁの本棚 のブックマークコメント

もうひとつの季節 (中公文庫)

もうひとつの季節 (中公文庫)

★★★★☆

『季節の記憶』の続編

舞台と主要登場人物は同じ、鎌倉は稲村ガ崎、クイちゃんとみんなが登場

今回もただ、坦々と流れる毎日の中の描写

久しぶりにあう友人、その間にある時間の流れ

父の子供頃と現在の父の姿の間にある時間の流れ

自分が過ごしてきた時間の長さ

自分が存在しなかった過去の時間の長さ

それぞれの感覚

今回は猫の茶々丸が登場

決して時間はだれにでも均一に流れるものじゃない、そんな当たり前のこと、確認したような気がする。

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/jinc/20070607

2007-06-02おおい、いないのか。いい話持ってきたぞ

『永遠も半ばを過ぎて』 中島らも 文春文庫 『永遠も半ばを過ぎて』 中島らも 文春文庫 - あるふぁの本棚 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『永遠も半ばを過ぎて』 中島らも 文春文庫 - あるふぁの本棚 『永遠も半ばを過ぎて』 中島らも 文春文庫 - あるふぁの本棚 のブックマークコメント

永遠も半ばを過ぎて (文春文庫)

永遠も半ばを過ぎて (文春文庫)

★★★☆☆

タイトルは、とわも・・・なんですね、ルビがふってある、えいえんも・・・とどうしても読んでしまうんだか

まあ、おいといて

本当にタイトル旨いですよね、いや、当然、中身とあわせての話です

写植打ちの家に転がりこんできたのは、かつての同級生の詐欺師

詐欺ネタ、印刷業界ネタ、そして出版ネタ

中島らもの描くそれらは、全編が詐欺師の口上のように、とてももっともらしく、そしてうそ臭い。

まるで、薬のせいで夢をみていたかのように。

永遠が半ばを過ぎたとしても、残りの半分に劇的な展開は無いのかもしれない

また同じような折り返しが続くだけ

本当に?

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/jinc/20070602

2007-06-01俺じゃ、お前を守れない

『ゼロの使い魔 2 風のアルビオン』 MF文庫 『ゼロの使い魔 2 風のアルビオン』 MF文庫 - あるふぁの本棚 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『ゼロの使い魔 2 風のアルビオン』 MF文庫 - あるふぁの本棚 『ゼロの使い魔 2 風のアルビオン』 MF文庫 - あるふぁの本棚 のブックマークコメント

★★★☆☆

えーっと先日1冊め読んで、うまいこと嵌ってしまったかも

姫様の登場です、どうやらトリステイン現在王様が不在のようです、先帝の忘れ形見、王女アンリエッタ、ちとまて、トリステインは王国じゃなかったのか、なんで先帝がいるんだ、まあ細かいことはおいとくとして、現在は枢機卿が実権を掌握しているようです。そして王女アンリエッタとルイズが幼馴染だったりします。まあ、お約束、お約束

さて物語のほうは、アルビオン(どうやらモデルはイギリスだね)で内乱が勃発、反政府勢力の勢いは強く、アルビオン王国は崩壊寸前、そしてその戦火はトリステインにも、小国トリステインはそれに対抗する手段として隣接する帝政ゲルマニアとの同盟、

そんななか、姫様のたのみをうけて、ルイズたちは、戦火の続くアルビオンへ

姫様の大使としてのルイズの護衛には、これまた彼女の幼馴染の近衛騎士隊長が同行

アルビオン浮遊大陸です(大陸ってほどの大きさではないようだか)船が飛びます、いいなぁ、でもすっげー寒そうですねこの国は、空の上ですからね、一応、竜なら届くみたいですね設定上は

戦争なんてつまらないものとはいいながら、大切な者を守るため死地に赴く者

それを理解できないルイズ

納得は出来ないけど理解はできるサイト

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/jinc/20070601
カレンダー
1000 | 01 | 02 | 03 | 04 |
1001 | 01 | 02 | 03 |
1997 | 01 | 07 | 08 |
1999 | 07 |
2001 | 03 | 08 | 11 | 12 |
2002 | 03 | 06 | 07 | 11 |
2004 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 09 |
2009 | 01 | 05 | 12 |
2015 | 07 |