Hatena::Groupbook

あるふぁの本棚 このページをアンテナに追加 RSSフィード

bookグループキーワードの検索  
ブログブクログ私はこんな本を読んできた(2004/10/30:更新)本好きへの100の質問の回答
2004/5/11AM10:30よりカウント:686429

2006-02-03

梶尾真治 『クロノス・ジョウンターの伝説』 ソノラマ文庫 梶尾真治 『クロノス・ジョウンターの伝説』 ソノラマ文庫 - あるふぁの本棚 を含むブックマーク はてなブックマーク - 梶尾真治 『クロノス・ジョウンターの伝説』 ソノラマ文庫 - あるふぁの本棚 梶尾真治 『クロノス・ジョウンターの伝説』 ソノラマ文庫 - あるふぁの本棚 のブックマークコメント

クロノス・ジョウンターの伝説 (ソノラマ文庫)

クロノス・ジョウンターの伝説 (ソノラマ文庫)

★★★☆☆

最初は94年なのでもう10年も前の作品

過去へ飛べる機械 クロノス・ジョウンターをめぐる3人の話と番外編として同時期に開発されていた意識を過去に飛ばす機械クロノス・コンディショナーの話

過去へ飛ぶためのこの機械、確かに過去へ飛ぶことはできるが、過去には長時間いられないし、過去へ飛んだ反動で未来に飛ばされるため今へは決して戻ることはできない

吹原和彦

事故に巻きこまれる最愛の人を救うため過去へ飛ぶ、説得のため繰り返し過去へのジャンプを繰り返すが最終的に最愛の人は救えたことは示唆されるが、彼自身ははるか未来へ、一番純粋で一番残酷はストーリー

市川輝良

過去に一定時間とどまれるオプションをつけ、すでに解体されてしまったある建築物をみるために過去へ、過去で出会って助けられた女性をつかの間の時間をすごすが、この女性と未来で再会、彼女の行動力に拍手

朋恵

彼女を過去の自分に飛ばず、クロノス・コンディショナーの披験者、過去の自分になにかいえたら、自分自身は過去へとんでないので、副作用はなし、ちょっとほのぼの系の話

鈴谷樹里

彼女は開発元住島重工とは直接関係ない、見合いで開発者の一人と出会い、過去の恩人を助けるため過去へジャンプする過去の自分の体験をなぞるように、最後はちょっとできすぎの感がないでもない、彼女が一番幸せになったよう

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/jinc/20060203
カレンダー
1000 | 01 | 02 | 03 | 04 |
1001 | 01 | 02 | 03 |
1997 | 01 | 07 | 08 |
1999 | 07 |
2001 | 03 | 08 | 11 | 12 |
2002 | 03 | 06 | 07 | 11 |
2004 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 09 |
2009 | 01 | 05 | 12 |
2015 | 07 |