Hatena::Groupbook

あるふぁの本棚 このページをアンテナに追加 RSSフィード

bookグループキーワードの検索  
ブログブクログ私はこんな本を読んできた(2004/10/30:更新)本好きへの100の質問の回答
2004/5/11AM10:30よりカウント:681438

2006-02-01

藤崎慎吾 『ハイドゥナン』 ハヤカワSFシリーズJコレクション 藤崎慎吾 『ハイドゥナン』 ハヤカワSFシリーズJコレクション - あるふぁの本棚 を含むブックマーク はてなブックマーク - 藤崎慎吾 『ハイドゥナン』 ハヤカワSFシリーズJコレクション - あるふぁの本棚 藤崎慎吾 『ハイドゥナン』 ハヤカワSFシリーズJコレクション - あるふぁの本棚 のブックマークコメント

ハイドゥナン (上) (ハヤカワSFシリーズ・コレクション)

ハイドゥナン (上) (ハヤカワSFシリーズ・コレクション)

ハイドゥナン (下) (ハヤカワSFシリーズ・Jコレクション)

ハイドゥナン (下) (ハヤカワSFシリーズ・Jコレクション)

★★★★☆

タイトルのハイドゥナンとは南与那国島(伝説の楽園)をさす

西南諸島の地殻変動から八重山諸島の各島が水没する可能性が明らかになる、領土問題、経済資源確保に動く日本政府の方針のもとこの災害を未然に防ごうとする科学者集団と神様から島を救うよう命じられた与那国のムヌチ

下巻後半のスピード感が心地よく一気に読み終えてしまいました、純粋なSFというより伝奇の色が濃い作品(ムナチの力に関しては有る程度の仮説をもってくるが、神様に関してはそのまま)、舞台が沖縄であることが十二分に生かされているように思う、ほかの場所が舞台ではこう話は進まない、そのため登場人物の沖縄出身者比率が異様に高いことになってしまっているが。

帯にはありようにある作品を意識している部分がある(映像化するなら、こっちの方がとも思うが、国際問題がちょっと微妙か)、潜水艇はできれば「わだつみ」にしてほしかったのは、個人的な理由だが、しんかい6500が遭難してしまうのが少々かなしい

カレンダー
1000 | 01 | 02 | 03 | 04 |
1001 | 01 | 02 | 03 |
1997 | 01 | 07 | 08 |
1999 | 07 |
2001 | 03 | 08 | 11 | 12 |
2002 | 03 | 06 | 07 | 11 |
2004 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 09 |
2009 | 01 | 05 | 12 |
2015 | 07 |