Hatena::Groupbook

あるふぁの本棚 このページをアンテナに追加 RSSフィード

bookグループキーワードの検索  
ブログブクログ私はこんな本を読んできた(2004/10/30:更新)本好きへの100の質問の回答
2004/5/11AM10:30よりカウント:695011

2005-08-18

 小川一水 『第六大陸』 ハヤカワ文庫JA  小川一水 『第六大陸』 ハヤカワ文庫JA - あるふぁの本棚 を含むブックマーク はてなブックマーク -  小川一水 『第六大陸』 ハヤカワ文庫JA - あるふぁの本棚  小川一水 『第六大陸』 ハヤカワ文庫JA - あるふぁの本棚 のブックマークコメント

第六大陸〈1〉 (ハヤカワ文庫JA)

第六大陸〈1〉 (ハヤカワ文庫JA)

第六大陸〈2〉 (ハヤカワ文庫JA)

第六大陸〈2〉 (ハヤカワ文庫JA)

★★★★☆

民間企業が月に恒常的な施設を建設を請け負う、時代背景は、月からさらに火星へと向かう宇宙開発は経済的な理由等からは消極的になっている(多分今の時代と同じ程度)

技術的なブレイクスルー、世論の調整、同業他社(当然民間企業ではなくNASA)とのつばぜいりあい、コストの調整などなどがからむ、ビックプロジェクト、(ただしプロジェクトXほどお涙頂戴にはなっていないですが)

定番ですが、バカみたいな仕事をこなすには、バカみたい(損得勘定がないとか)な奴がいないとできないわけで、今からちょっと先を描いたSFとしては最高峰のひとつではないかと思う

こんな夢のある事業をそれこそ公共事業でできないものかと思ってしまう、公民館を建てるばかりが公共事業ではないだろうに・・・

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/jinc/20050818
カレンダー
1000 | 01 | 02 | 03 | 04 |
1001 | 01 | 02 | 03 |
1997 | 01 | 07 | 08 |
1999 | 07 |
2001 | 03 | 08 | 11 | 12 |
2002 | 03 | 06 | 07 | 11 |
2004 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 09 |
2009 | 01 | 05 | 12 |
2015 | 07 |