Hatena::Groupbook

あるふぁの本棚 このページをアンテナに追加 RSSフィード

bookグループキーワードの検索  
ブログブクログ私はこんな本を読んできた(2004/10/30:更新)本好きへの100の質問の回答
2004/5/11AM10:30よりカウント:681582

2005-07-01

鳥飼否宇 『昆虫探偵』 光文社文庫 鳥飼否宇 『昆虫探偵』 光文社文庫 - あるふぁの本棚 を含むブックマーク はてなブックマーク - 鳥飼否宇 『昆虫探偵』 光文社文庫 - あるふぁの本棚 鳥飼否宇 『昆虫探偵』 光文社文庫 - あるふぁの本棚 のブックマークコメント

昆虫探偵 (光文社文庫)

昆虫探偵 (光文社文庫)

★★★☆☆

昆虫が重要な手がかりになって事件を解決するという話ではなくて(このパターンの作品もありますね、平野肇「昆虫巡査」シリーズのようなやつです)。登場人物がみんな昆虫(一部蜘蛛など昆虫ではないのも登場しますが)、探偵は蜂、助手はゴキブリ(彼はもともと人間で、朝おきるといきなりゴキブリになっていたそうな)、刑事は蟻、そして当然依頼人もみんな昆虫たち・・・

各作品では各有名のミステリーを元ネタにしながら、ちゃんと事件は解決されてゆくのでした、事件を構成する部分では、それぞれ登場する昆虫たちの生態をベースにした事実認識があって、ちゃんと謎が構成されている部分は結構本格の香りが高いです、(ただ事件の犯罪性とか、犯人がつかまったらどうするのかとか、そもそも探偵の報酬はどうなっているのかという細かい?部分はきにしちゃいけません)

最後にちょっとした子ネタもあります(ここまで)

ただ読んでいるとちょっと背中がむずがゆくなる(昆虫苦手だとちょっとつらいかもしれない)感じがしないでもないですが。

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/jinc/20050701
カレンダー
1000 | 01 | 02 | 03 | 04 |
1001 | 01 | 02 | 03 |
1997 | 01 | 07 | 08 |
1999 | 07 |
2001 | 03 | 08 | 11 | 12 |
2002 | 03 | 06 | 07 | 11 |
2004 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 09 |
2009 | 01 | 05 | 12 |
2015 | 07 |