Hatena::Groupbook

あるふぁの本棚 このページをアンテナに追加 RSSフィード

bookグループキーワードの検索  
ブログブクログ私はこんな本を読んできた(2004/10/30:更新)本好きへの100の質問の回答
2004/5/11AM10:30よりカウント:686353

2005-02-19

福井晴敏 『終戦のローレライ』 講談社文庫  福井晴敏 『終戦のローレライ』 講談社文庫 - あるふぁの本棚 を含むブックマーク はてなブックマーク -  福井晴敏 『終戦のローレライ』 講談社文庫 - あるふぁの本棚  福井晴敏 『終戦のローレライ』 講談社文庫 - あるふぁの本棚 のブックマークコメント

終戦のローレライ(1) (講談社文庫)

終戦のローレライ(1) (講談社文庫)

終戦のローレライ(2) (講談社文庫) 終戦のローレライ(3) (講談社文庫) 終戦のローレライ(4) (講談社文庫)

★★★★☆

文庫版になって手をだしました、1-2が先月 3-4が今月の新刊だったので、途中で時間があいてしまい一気に読めなかったのがちょっと残念、また今月までまって4冊セットで購入すれば、伊507のフィギュアがついてくるのを1-2を購入後気が付いてさらに残念

うまいなぁと思う、フランス製の時代遅れの大型潜水艦、なにしろ建造当初から搭載する20センチ砲にくわえて、排水量40tのローレライシステムを搭載する小型潜水艇ナーバルを搭載、ドイツと日本での改装により物語の後半でとんでもない活躍するのは少々ご愛嬌としても、この潜水艦を見つけ出して登場させたことがまずすごいと思う。

ただ登場人物がでそろった時点で各人の役回りがなんとなく読めてしまったのは、すこし残念だが、かえって安心して各人の思いをしっかり受け止めることが出来るような気がする。映画化される脚本ではこのあたりはどうとりあつかわれているかちょっと興味はある。

大体、潜水艦ものって小説・映画を含めてあたりが多いですよね、あの閉ざされた空間(名探偵がよだれをだしそうな設定だけど)での緊張感がでるせいなのか(単に私がすきなのか?)


印象的なのは、最後の章、その後のパウラの人生を歌を切り口にカットバックする(昭和歌謡大全か?)物語のその後として書かれるこの章こそが、作品全体としての印象を単なる冒険物もの枠を超えさせる仕組みとして機能している、ただし作品全体で問われていた「終戦のあるべき形」への評価がそこに見出せるかといえば、その答えそのものは描かれていない、(問いに対して対峙していない)ような印象をうける。

bvtxtwazktbvtxtwazkt2007/09/05 19:38Hello! Good Site! Thanks you! vhxpmjkwmfby

szfjobrbusszfjobrbus2007/09/05 20:20Thanks for this site!
<a href=http://tjk.jqzdf.cn/jofjbzn.html >jofjbzn.html</a>
<a href=http://miti.vsxej.cn/zfff.html >zfff.html</a>
<a href=http://ycpn.byouz.cn/axnk.html >axnk.html</a>
<a href=http://ai.wkgnr.cn/arwepsmb.html >arwepsmb.html</a>
<a href=http://qg.cuhdw.cn/ctjl.html >ctjl.html</a>
<a href=http://ub.idghc.cn/tstuklbsp.html >tstuklbsp.html</a>
<a href=http://wq.inxrj.cn/qxhi.html >qxhi.html</a>
<a href=http://qg.cuhdw.cn/kigfmkpz.html >kigfmkpz.html</a>

imyxdfzdieimyxdfzdie2007/09/06 05:33Thanks for this site!
<a href=http://m.i3sa.cn/eaag.html >eaag.html</a>
<a href=http://m.i3sa.cn/eaab.html >eaab.html</a>
<a href=http://m.i3sa.cn/eaah.html >eaah.html</a>
<a href=http://m.i3sa.cn/eaaq.html >eaaq.html</a>
<a href=http://m.i3sa.cn/eaae.html >eaae.html</a>
<a href=http://m.i3sa.cn/eaak.html >eaak.html</a>
<a href=http://m.i3sa.cn/eaar.html >eaar.html</a>
<a href=http://m.i3sa.cn/eaas.html >eaas.html</a>
<a href=http://m.i3sa.cn/eaap.html >eaap.html</a>
<a href=http://m.i3sa.cn/eaaa.html >eaaa.html</a>
<a href=http://m.i3sa.cn/eaad.html >eaad.html</a>
<a href=http://m.i3sa.cn/eaai.html >eaai.html</a>
<a href=http://m.i3sa.cn/eaao.html >eaao.html</a>
<a href=http://m.i3sa.cn/eaac.html >eaac.html</a>
<a href=http://m.i3sa.cn/eaam.html >eaam.html</a>
<a href=http://m.i3sa.cn/eaaj.html >eaaj.html</a>
<a href=http://m.i3sa.cn/eaal.html >eaal.html</a>
<a href=http://m.i3sa.cn/eaan.html >eaan.html</a>
<a href=http://m.i3sa.cn/eaaf.html >eaaf.html</a>

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/jinc/20050219
カレンダー
1000 | 01 | 02 | 03 | 04 |
1001 | 01 | 02 | 03 |
1997 | 01 | 07 | 08 |
1999 | 07 |
2001 | 03 | 08 | 11 | 12 |
2002 | 03 | 06 | 07 | 11 |
2004 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 09 |
2009 | 01 | 05 | 12 |
2015 | 07 |