Hatena::Groupbook

あるふぁの本棚 このページをアンテナに追加 RSSフィード

bookグループキーワードの検索  
ブログブクログ私はこんな本を読んできた(2004/10/30:更新)本好きへの100の質問の回答
2004/5/11AM10:30よりカウント:697823

2004-12-31

Book of Year 2004 2004年「今年の三冊」  Book of Year 2004 2004年「今年の三冊」 - あるふぁの本棚 を含むブックマーク はてなブックマーク -  Book of Year 2004 2004年「今年の三冊」 - あるふぁの本棚  Book of Year 2004 2004年「今年の三冊」 - あるふぁの本棚 のブックマークコメント

2004年の一年を振り返って、

まず、今年新しく購入した本は、メモが残っている分を勘定したら約200冊でした、月に平均で15-16冊買っている勘定ですね、今年はここで本の感想なんぞを書き始めたこともあって、購入数は大分伸びました(2003年のメモだと購入数は約120冊、月に10冊程度でした)

傾向としては、今年はある著者の固め読みはすくなく、今年一番多く購入したのは、ローマ人の物語文庫版16冊の塩野七生でした。ハイペリオン4部作(文庫8冊)のダン・シモンズ、あとは、恩田陸が数冊のほかは上下巻で2冊となっているのがほとんどでした。

ということで、今年の1冊(一応今月の三冊から選んでみようとするとノミネートは24冊)

一応2004年に出版された(もしくは文庫化されたもの)から大賞ということで以下の3冊

  1. アレックス・シアラー 『チョコレート・アンダーグラウンド』 求龍社 ISBN:4763004204
    • 実は今年のjincの本棚の検索語のトップはこの本でした(表示違いがいくつかあって合計した結果でしたが)
  2. 綾辻行人 『暗黒館の殺人』 講談社ノベルス ISBN:4061823884 ISBN:4061823892
    • ミステリーからはこの1冊、このミスでの順位がおもったほど上ではなかったですが、思い入れを含めて、館もの魅力には抗し難い
  3. 谷甲州 『パンドラ』 早川書房 ISBN:4152086092 IBSN:4-15-208610-6
    • 多分世間では2005年度の各賞候補になる(と思う)12月の発行なのですが、谷甲州、SF、宇宙というだけで涙もんです(よくわかりませんが)、久しぶりのSFを堪能させていただきました。

というわけでは2004年をしめくくりです。

また来年もよい本とめぐりあえますように。

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/jinc/20041231
カレンダー
1000 | 01 | 02 | 03 | 04 |
1001 | 01 | 02 | 03 |
1997 | 01 | 07 | 08 |
1999 | 07 |
2001 | 03 | 08 | 11 | 12 |
2002 | 03 | 06 | 07 | 11 |
2004 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 09 |
2009 | 01 | 05 | 12 |
2015 | 07 |