Hatena::Groupbook

あるふぁの本棚 このページをアンテナに追加 RSSフィード

bookグループキーワードの検索  
ブログブクログ私はこんな本を読んできた(2004/10/30:更新)本好きへの100の質問の回答
2004/5/11AM10:30よりカウント:684644

2004-11-12

 島田荘司 『龍臥亭幻想』 光文社カッパノベルス  島田荘司 『龍臥亭幻想』 光文社カッパノベルス - あるふぁの本棚 を含むブックマーク はてなブックマーク -  島田荘司 『龍臥亭幻想』 光文社カッパノベルス - あるふぁの本棚  島田荘司 『龍臥亭幻想』 光文社カッパノベルス - あるふぁの本棚 のブックマークコメント

龍臥亭幻想 上 (カッパノベルス)

龍臥亭幻想 上 (カッパノベルス)

龍臥亭幻想 下 (カッパノベルス)

龍臥亭幻想 下 (カッパノベルス)

★★★☆☆

あの事件から8年後、龍臥亭を再訪する石岡、龍臥亭の成立に関する伝説、雪に閉ざされる龍臥亭、そこで発生する伝説をなぞるような事件、かなり久しぶりに島田荘司作品を読んだ。提示される事件のケレン味はあいかわらずだとおもうが、最後の事件に真相に関しては、途中で少々ネタわれの感がある(詳細なトリックはともかく、あの状況では他の選択肢がとりようがないとおもうのだか)そうゆう意味では、この作品は『龍臥亭事件』の続編であると同時に『異形の騎士』の続編として読むのが正解なのかもしれない。下巻の解決にあたっては、二大探偵、(一名は電話でのみ登場だが)ちょっとだけ登場する。

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/jinc/20041112
カレンダー
1000 | 01 | 02 | 03 | 04 |
1001 | 01 | 02 | 03 |
1997 | 01 | 07 | 08 |
1999 | 07 |
2001 | 03 | 08 | 11 | 12 |
2002 | 03 | 06 | 07 | 11 |
2004 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 09 |
2009 | 01 | 05 | 12 |
2015 | 07 |