Hatena::Groupbook

あるふぁの本棚 このページをアンテナに追加 RSSフィード

bookグループキーワードの検索  
ブログブクログ私はこんな本を読んできた(2004/10/30:更新)本好きへの100の質問の回答
2004/5/11AM10:30よりカウント:687479

2004-08-16

[] ダン・シモンズ 『エンディミオン『エンディミオンの覚醒』 ハヤカワ文庫SF  ダン・シモンズ [[『エンディミオン]]』『エンディミオンの覚醒』 ハヤカワ文庫SF - あるふぁの本棚 を含むブックマーク はてなブックマーク -  ダン・シモンズ [[『エンディミオン]]』『エンディミオンの覚醒』 ハヤカワ文庫SF - あるふぁの本棚  ダン・シモンズ [[『エンディミオン]]』『エンディミオンの覚醒』 ハヤカワ文庫SF - あるふぁの本棚 のブックマークコメント

isbn:4150113890 isbn:4150113904 エンディミオンの覚醒〈上〉 (ハヤカワ文庫SF) エンディミオンの覚醒〈下〉 (ハヤカワ文庫SF)

★★★★★

『ハイペリオン』の続編、舞台は惑星ハイペリオン、時代は前作の300年後、時の墓標の巡礼のうち、詩人はしぶとく生き残り今回の狂言回しをつとめ、ヒロインは探偵の娘

今回は前作のハードっぽさから一転してアドベンチャーとしての色が強い作品になります、前作ではりにはった複線を丁寧にフォローしながら崩壊した連邦、ウェブにかわり台頭してきた教会とパスクにおわれるヒロイン、アイネイアーを助けるヒーローエンディミオンのストーリーです。

とにかく物量ともに圧巻、分厚いハヤカワの文庫で全四冊、今年の夏休みはこの本だけで終わってしまいました。

しかし今回広げた複線を収拾するのに若干設定に難があるのもたしかで、そもそも『ハイペリオン』最大のなぞの時の墓標に関しては、まったくほったらかし、シュライクの性格も途中で変化がおきてしまい、大佐の学者の娘のエピソードが若干全体とのからみが不明確になってしまっているのだ残念、時間を超越するストーリだとどうしてもこのあたりの調整が難しいよう、でもそんな部分を気にさせません。

この作品でもストーリーを貫くのは未来への夢と希望です。こんなはずかしげなモチーフはいまではSFでしか持ち得ないのかもしれないと、SFでもなきゃ読んでいるほうも恥ずかしいもの。

なぜか『エンディミオン』の方の書影がない?

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/jinc/20040816
カレンダー
1000 | 01 | 02 | 03 | 04 |
1001 | 01 | 02 | 03 |
1997 | 01 | 07 | 08 |
1999 | 07 |
2001 | 03 | 08 | 11 | 12 |
2002 | 03 | 06 | 07 | 11 |
2004 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 09 |
2009 | 01 | 05 | 12 |
2015 | 07 |