Hatena::Groupbook

あるふぁの本棚 このページをアンテナに追加 RSSフィード

bookグループキーワードの検索  
ブログブクログ私はこんな本を読んできた(2004/10/30:更新)本好きへの100の質問の回答
2004/5/11AM10:30よりカウント:603117

2004-07-07

bookグループ企画室「夏に読みたいこの一冊」 bookグループ企画室「夏に読みたいこの一冊」 - あるふぁの本棚 を含むブックマーク はてなブックマーク - bookグループ企画室「夏に読みたいこの一冊」 - あるふぁの本棚 bookグループ企画室「夏に読みたいこの一冊」 - あるふぁの本棚 のブックマークコメント

一冊といいながらみんな一冊ではないですので、私も何冊か・・・

  1. 瀬名秀明『八月の博物館』(isbn:4043405065)
    • 夏といえば夏休みということで
  2. 恩田陸『月の裏側』(isbn:4344402626
    • すっかとした夏というよりは梅雨のあけきらないうっとうしい感じもありますが
  3. 小野不由美『屍鬼』全五巻(isbn:410124023X,isbn:4101240248,isbn:4101240256,isbn:4101240264,isbn:4101240272)
    • 夏はやっぱりホラーということで
  4. 麻耶雄嵩『夏と冬の奏鳴曲』(isbn:4062638916
    • 最後のシーンが幻想的です
  5. 京極夏彦『姑獲鳥の夏』(isbn:4062638878)
    • 映画化決定記念ということで、この夏は、汗がべったり背中にはりつくような夏ですが

[]本屋さんに望むこと 本屋さんに望むこと - あるふぁの本棚 を含むブックマーク はてなブックマーク - 本屋さんに望むこと - あるふぁの本棚 本屋さんに望むこと - あるふぁの本棚 のブックマークコメント

まよねえずさんをうけて

http://book.g.hatena.ne.jp/mayoneez/20040707

  • あんまり一般的な意見ではないのかもしれないですが、本屋さんに必要なものは、まず 本があること*1、そして隣の本も買わせるような棚につきるとおもっています。たとえば、ある本の中で言及されている本や、同じようなシーンがでてくる本*2が近くにあると読む本の幅が広がってとてもうれしい、そこに手書きのPOPなんかがあると、本屋さんの意気込みが感じられるし、購入する本が決まっているのなら、今は本屋に行く必要はないかもしれません*3、でも本屋に行って本を買うのは、その本屋さんのこの本を読んでほしいという思いをわけてもらいに行くような気がしてます。*4

更新情報 更新情報 - あるふぁの本棚 を含むブックマーク はてなブックマーク - 更新情報 - あるふぁの本棚 更新情報 - あるふぁの本棚 のブックマークコメント

本棚から2冊ほど更新

  • 黒崎緑『しゃべくり探偵の四季』 id:jinc:20021101
  • 歌野昌午『死体を買う男』 id:jinc:20011102
    • 8月の乱歩展に向けて乱歩とその時代を舞台にした作品

*1:郊外の駅前書店などでは、雑誌、コミック、学習参考書しかないような書店もあるし

*2:たとえば、バーが出てくるミステリーというくくりで、北森鴻加納朋子鯨統一郎なんかがならんでいるとうれしくなりません?

*3:アマゾンもBK1もありますし

*4:なんか途中からえらそうな感じになってしまいましたが

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/jinc/20040707
カレンダー
1000 | 01 | 02 | 03 | 04 |
1001 | 01 | 02 | 03 |
1997 | 01 | 07 | 08 |
1999 | 07 |
2001 | 03 | 08 | 11 | 12 |
2002 | 03 | 06 | 07 | 11 |
2004 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 09 |
2009 | 01 | 05 | 12 |
2015 | 07 |