Hatena::Groupbook

あるふぁの本棚 このページをアンテナに追加 RSSフィード

bookグループキーワードの検索  
ブログブクログ私はこんな本を読んできた(2004/10/30:更新)本好きへの100の質問の回答
2004/5/11AM10:30よりカウント:649791

2004-06-17

[][] 小川洋子 『沈黙博物館』 ちくま文庫  [[小川洋子]] [[『沈黙博物館』]] ちくま文庫 - あるふぁの本棚 を含むブックマーク はてなブックマーク -  [[小川洋子]] [[『沈黙博物館』]] ちくま文庫 - あるふぁの本棚  [[小川洋子]] [[『沈黙博物館』]] ちくま文庫 - あるふぁの本棚 のブックマークコメント

沈黙博物館 (ちくま文庫) isbn:4480039635

★★★☆☆

2つ博物館をタイトルにもつ作品を紹介したあと本屋で偶然見つけました、普段はあんまり読まない文芸作品なのですが

主人公の博物館技師*1 は請われてある町の到着することろから物語が始まります、依頼主の老婆から形見の博物館をつくること、そしてその形見の収集それ自体を主人公が行うことになります、人が生きていたことを残すこと、その証としての形見、しだいにその魅力にはまり、逃れられなくなく主人公、小さい町で怒る殺人事件はミステリーの要素、収集される形見の異常さはホラーの要素、全体でいえば、ホラーの要素の強い作品です、人が生きた証を残すための形見とそれを保管する博物館、そこには、生きた証をほかのものに託せなかった依頼主の老婆の思いとその思いをやさしく見守る周囲の人たちが配されることによりある意味崇高で純粋な想いが描かれます。

更新情報 更新情報 - あるふぁの本棚 を含むブックマーク はてなブックマーク - 更新情報 - あるふぁの本棚 更新情報 - あるふぁの本棚 のブックマークコメント

夢枕獏『揺籃鬼の祭』Up id:jinc:19970801

*1:この職業の響きがよいですね、なんか知的でかつ職人っぽいところが、こうゆう言葉が作品の冒頭ででてくるとなんか当たりとか一人で喜んでしまいます。

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/jinc/20040617
カレンダー
1000 | 01 | 02 | 03 | 04 |
1001 | 01 | 02 | 03 |
1997 | 01 | 07 | 08 |
1999 | 07 |
2001 | 03 | 08 | 11 | 12 |
2002 | 03 | 06 | 07 | 11 |
2004 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 09 |
2009 | 01 | 05 | 12 |
2015 | 07 |