Hatena::Groupbook

あるふぁの本棚 このページをアンテナに追加 RSSフィード

bookグループキーワードの検索  
ブログブクログ私はこんな本を読んできた(2004/10/30:更新)本好きへの100の質問の回答
2004/5/11AM10:30よりカウント:697813

2004-05-28

[] 倉阪鬼一郎 『活字狂想曲』 幻冬舎文庫  倉阪鬼一郎 [[『活字狂想曲』]] 幻冬舎文庫 - あるふぁの本棚 を含むブックマーク はてなブックマーク -  倉阪鬼一郎 [[『活字狂想曲』]] 幻冬舎文庫 - あるふぁの本棚  倉阪鬼一郎 [[『活字狂想曲』]] 幻冬舎文庫 - あるふぁの本棚 のブックマークコメント

活字狂想曲 (幻冬舎文庫) isbn:4344402634

★★★☆☆

印刷すべき原稿があって、印刷という作業を行うわけだから、当然、元の原稿と刷り上った印刷物をチェックする 校正という仕事は書籍をはじめとする印刷に携わる業界では重要な仕事だと思う、しかし、本書の中でも言及されているとおり、校正の仕事は地味でありクリエイティブなものではない、それは、仕事の名前がカタカナにならない、どこに行っても校正という昔ながらの呼び方をされることにあわられている。

作者は実際に1989年から1996年までの間、この校正という仕事に就いており、その間に同人誌に掲載されたものは元になっている。この作品での社内の描写はその後の印刷会社の校正者を主人公にした『首のない鳥』の中で活かされている。

登場する同僚や言及されているエピソードは多分、多少の脚色はあるが事実が元になっていると思うと、今自分の職場の周りでも同じような笑えない話が結構あることに気がついたりする。そういう意味では素直に笑えない本である、最後に切れて退職する作者がすこしうらやましく思えてくる。

[] 2004-05-28 - あるふぁの本棚 を含むブックマーク 2004-05-28 - あるふぁの本棚 のブックマークコメント

はてなの本をさがして新宿は紀伊国屋本店へ今日はまだ入荷していないようだ。

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/jinc/20040528
カレンダー
1000 | 01 | 02 | 03 | 04 |
1001 | 01 | 02 | 03 |
1997 | 01 | 07 | 08 |
1999 | 07 |
2001 | 03 | 08 | 11 | 12 |
2002 | 03 | 06 | 07 | 11 |
2004 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 09 |
2009 | 01 | 05 | 12 |
2015 | 07 |