Hatena::Groupbook

あるふぁの本棚 このページをアンテナに追加 RSSフィード

bookグループキーワードの検索  
ブログブクログ私はこんな本を読んできた(2004/10/30:更新)本好きへの100の質問の回答
2004/5/11AM10:30よりカウント:699951

2004-05-15

[] 倉知淳 『幻獣遁走曲』 創元推理文庫    倉知淳 [[『幻獣遁走曲』]] 創元推理文庫   - あるふぁの本棚 を含むブックマーク はてなブックマーク -  倉知淳 [[『幻獣遁走曲』]] 創元推理文庫   - あるふぁの本棚  倉知淳 [[『幻獣遁走曲』]] 創元推理文庫   - あるふぁの本棚 のブックマークコメント

幻獣遁走曲 (創元推理文庫) isbn:4488421040

副題 猫丸先輩のアルバイト探偵ノート

★★★☆☆

30才をとうに過ぎているのに定職をもたず、小柄で童顔、もちまえの明るさと人なつっこさを持ち、行動の基準がおもしろそうか、そうでないか 考えてみればこれほど探偵役にふさわしい人物もいないだろう、今回はワトソン役の後輩八木沢くんは登場せず、猫丸先輩の数々のアルバイト先での事件が題材

ミステリーの謎ときとしては今回そんな、そもそも事件と呼べるようなものでではないものまで含まれているが、そこはご愛嬌

倉知淳は『壷中の天国』でも描いているように、人の持つこだわりの部分の描写が非常にうまいと思う、この作品でも、幻の珍獣 アカマダラタガマモドキの捜索に総勢8名のアルバイトを繰り出してしまう、鬼軍曹、マイナーなテレビの戦隊ヒーローを信じている純真な子供、マイホーム資金のために節約に精を出している夫婦など、本人はいったてまじめなんだろうが、はたからみるとなんとも滑稽な登場人物が作品に色を添えている。

現在、不平不満を持ちながら毎日の仕事をしていたりすると、時間や世間体をわすれて何かに打ち込んでいる、彼らの姿をみると、なにか新しいこと、夢中になれるなにかを持ち合わせていない、自分のほうが、すこし寂しくも感じたりする。

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/jinc/20040515
カレンダー
1000 | 01 | 02 | 03 | 04 |
1001 | 01 | 02 | 03 |
1997 | 01 | 07 | 08 |
1999 | 07 |
2001 | 03 | 08 | 11 | 12 |
2002 | 03 | 06 | 07 | 11 |
2004 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 09 |
2009 | 01 | 05 | 12 |
2015 | 07 |