Hatena::Groupbook

あるふぁの本棚 このページをアンテナに追加 RSSフィード

bookグループキーワードの検索  
ブログブクログ私はこんな本を読んできた(2004/10/30:更新)本好きへの100の質問の回答
2004/5/11AM10:30よりカウント:608925

2015-07-10空を飛べたと思ったのは、幻想だった

『フライ・バイ・ワイヤ』石持浅海 『フライ・バイ・ワイヤ』石持浅海 - あるふぁの本棚 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『フライ・バイ・ワイヤ』石持浅海 - あるふぁの本棚 『フライ・バイ・ワイヤ』石持浅海 - あるふぁの本棚 のブックマークコメント

フライ・バイ・ワイヤ (創元推理文庫)

フライ・バイ・ワイヤ (創元推理文庫)

★★★☆☆

遠隔操作で学校の授業に参加ってモチーフは、コミック「ミガワリメーカー」でもやってた、あちらは、ロボット側にも意識があったけど。

一緒にいるということについて、もう少しページを割いてもよかったんじゃないかな、でもこれミステリーだからってのもあるか。なんかミステリーであることの必然を感じられないってのが、一番の気になることろ、でも、SF者としては、この設定すきなにので

あと、レジャーシートでなんとかなるってのは、システム的にどうかと思ぞ。

まあとりあえず、科学者の一人娘には注意しろってことだ

(前にも言った気がする

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/jinc/20150710

2015-07-09「僕たち、松代さんにお礼を言いに来たんです」

『探偵の流儀』福田栄一 『探偵の流儀』福田栄一 - あるふぁの本棚 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『探偵の流儀』福田栄一 - あるふぁの本棚 『探偵の流儀』福田栄一 - あるふぁの本棚 のブックマークコメント

探偵の流儀

探偵の流儀

★★★★☆

ハードボイルド風、バラバラの事務所のメンバーたちが、自分のすべきこと、立ち向かうべきものに対して正面から向かいことで、結果的にチームプレイが、いろいろあったけど、雨降って地かたまるみたいな感じ、最近ハードホイルド系の読んでなかったけど、正統派って感じでした。

電子書籍で読んだんですか、Amazon 電子版だと画像がでませんでしたので単行本版で紹介

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/jinc/20150709

2009-12-12謎は、まだまだ終わらない。

『ほうかご探偵隊』 倉知淳 講談社ミステリーランド 『ほうかご探偵隊』 倉知淳 講談社ミステリーランド - あるふぁの本棚 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『ほうかご探偵隊』 倉知淳 講談社ミステリーランド - あるふぁの本棚 『ほうかご探偵隊』 倉知淳 講談社ミステリーランド - あるふぁの本棚 のブックマークコメント

ほうかご探偵隊 (ミステリーランド)

ほうかご探偵隊 (ミステリーランド)

★★★☆☆

先輩の甥っ子なのか

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/jinc/20091212

2009-05-10なむなむ

『夜は短し歩けよ乙女』 森見登美彦 角川文庫 『夜は短し歩けよ乙女』 森見登美彦 角川文庫 - あるふぁの本棚 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『夜は短し歩けよ乙女』 森見登美彦 角川文庫 - あるふぁの本棚 『夜は短し歩けよ乙女』 森見登美彦 角川文庫 - あるふぁの本棚 のブックマークコメント

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)

★★★★★

読んだのは、もう随分前になります

そう、最近ここの更新してなかったですから

四六版で出たころから、評判の高かった本です、ただ前に読んだ、森見氏の作品が今ひとつ肌になじまなかったせいもあって、文庫落ちをまって

うれしい誤算でした、もっと早く読んでいればよかった

どうにも芝居がかったセリフまわしと彼女(黒髪の乙女)の雰囲気がぴったりで

まあ、彼女の存在そのものが、ファンタジーなんですけどね

一つ心残りなのは、彼女に、お友達パンチを伝授した、お姉さんの存在

なかなか一癖ありそうで、非常に気になるところではあります

ということで、古本市の神様に、なむなむ

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/jinc/20090510

2009-01-04かつて東南アジアの端に、一匹の竜が棲息していた。

『日本沈没 第二部』 小松左京 谷甲州 小学館 [[『日本沈没 第二部』]] 小松左京 谷甲州 小学館 - あるふぁの本棚 を含むブックマーク はてなブックマーク - [[『日本沈没 第二部』]] 小松左京 谷甲州 小学館 - あるふぁの本棚 [[『日本沈没 第二部』]] 小松左京 谷甲州 小学館 - あるふぁの本棚 のブックマークコメント

日本沈没 第二部

日本沈没 第二部

★★★☆☆

昭和48年に出版されたベストセラー『日本沈没』の続編

国土を失い世界中に難民としてちっていった日本人達のその後と、さらにこの星におそいかかる災厄

ただし、ここで描かれているのは今の日本人ではない、作中では25年前の日本人のその後である

国土を失うことが無かった今の日本人に日本人としての気概がどれほど残ってるのだろうかと、ふと不安に思ったりもする

そしてこの作品は、まぎれもなく、谷甲州の作品なんだと思う

ぜひ、鳥飼首相のその後メインにした第三部が読みたいと思う

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/jinc/20090104

2009-01-01めずらしく、夜がやさしかった。

『つむじ風食堂の夜』 吉田篤弘 ちくま文庫 [[『つむじ風食堂の夜』]] 吉田篤弘 ちくま文庫 - あるふぁの本棚 を含むブックマーク はてなブックマーク - [[『つむじ風食堂の夜』]] 吉田篤弘 ちくま文庫 - あるふぁの本棚 [[『つむじ風食堂の夜』]] 吉田篤弘 ちくま文庫 - あるふぁの本棚 のブックマークコメント

つむじ風食堂の夜 (ちくま文庫)

つむじ風食堂の夜 (ちくま文庫)

★★★★☆

どこが良いのかと、具体的に指摘することが出来ないのだけれども、心地よいものって存在する

自分の中では、この本のその一つになりそう

十字路の角にあり、夜な夜な近所の常連が集う「つむじ風食堂」、別になにかが起こるわけでもなく人が居て話がある

チェーン店ではない、喫茶店のエスプレッソが欲しくなるそんな話

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/jinc/20090101

2008-09-14あたしが今まで嘘をついたことがありますか?

『蒼い月 なみだ事件簿にさよなら!』 鯨統一郎 祥伝社ノン・ノベル 『蒼い月 なみだ事件簿にさよなら!』 鯨統一郎 祥伝社ノン・ノベル - あるふぁの本棚 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『蒼い月 なみだ事件簿にさよなら!』 鯨統一郎 祥伝社ノン・ノベル - あるふぁの本棚 『蒼い月 なみだ事件簿にさよなら!』 鯨統一郎 祥伝社ノン・ノベル - あるふぁの本棚 のブックマークコメント

蒼い月  なみだ事件簿にさようなら! (ノン・ノベル)

蒼い月 なみだ事件簿にさようなら! (ノン・ノベル)

★★★☆☆

波田煌子シリーズの4作目で、最終巻?

クリニック、警視庁、学習塾と仕事を変わり、その先々で事件を解決してきたが、今回はまた警視庁からの及びがかかり、連続殺人事件の解決にあたる。いままでの、作品のいわば解決編に当たる部分や、いままであまり語られなかった煌子のこれまでの話も

シリーズ全体をみると、3作目の学習塾編がちょっと全体の流れに対して軸線がズレているのかなという感じ

され、一端やるべきことを果たした、煌子の明日はどっちにあるんだろうか

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/jinc/20080914
カレンダー
1000 | 01 | 02 | 03 | 04 |
1001 | 01 | 02 | 03 |
1997 | 01 | 07 | 08 |
1999 | 07 |
2001 | 03 | 08 | 11 | 12 |
2002 | 03 | 06 | 07 | 11 |
2004 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 09 |
2009 | 01 | 05 | 12 |
2015 | 07 |