Hatena::Groupbook

すまいりブックレビュー

「Smily Books Blog」(2014年からはこちら)

2005-08-04

[]グーグルに関する見解(梅田望夫氏の見解)

(1)システムの目的

インターネット社会における検索の重要性にいち早く着目し、

検索スピードと対象データの網羅性を上げる為にあらゆる手段、工夫をした。

(2)仕事のやり方

社員に対しトップダウンでアサインしない。

お互いに他社員の仕事の状況に関するブログ風の情報発信を読んで、

自分が貢献できる仕事や問題に対する解決法を自発的に見つけ出し、手助けをする。また、そのプロセス自体を全員に情報発信して輪を広げる。

(3)他社との協調のし方

自社システムのAPIを公開し、他社ベンチャー企業がこのシステムを利用し、新しいAPを開発して、新しいビジネスを作り上げる事を手助ける。

2005-03-01

[]Mac Mini

ついでにこれも。。

1.音

静かー。もしかしてファンレスなのかな?

聞こえるのはDVDやCDの起動時のみ。全く問題なし。

夏になってもそんなに変わらないことを期待。

2.操作性

ワンボタンマウスがやはり不便。純正にこだわりすぎたかなぁ。

KBのタッチはまぁまぁ。微妙な傾斜角がついてるのも慣れの問題か。

3.速度

旧PC(Win98 SE/AMD350KHz)に比べれば、全て快適。

これで起動が3秒以内なら完璧。現状は15秒くらいか。。

4.配置

後ろにしか端子がない。iPodをしょっちゅう抜き差しするので、壁にベタ置きできない。

ディスプレイ端子もDVI-VGAアダプタ分飛び出てるし、電源ボタンも後ろ。

これもあって本体は、机の横置きに決定。

ブックシェルフみたく縦置きする人もいると聞いたが、実際無理なのでは?

静かだし頑丈そうだから良いかなと思い、ディスプレイは本体の上に乗っけてしまった。今の所問題なく動いてる。

2005-02-15

[]TOB

日本語だと株式公開買付。って全然ピンとこない。

英語だとTake Over Bid。イメージはちょっとわかるかなぁ。

Take Overが、対象企業経営陣の同意を得ず買い集めるって所のニュアンスを伝えてる気がします。でも公開してる株なんだからどれだけ買い占めたって自由でしょってことか。

あまりにも露骨なのを敵対的買収(Hostile Take Over)というらしい。

以下ご参考。

http://skillstorage.com/kei/kei/165.txt

[]MSCB

日本語だと転換社債型新株予約権付社債。ってこれまた全くよくわからない。

英語だとMoving Strike Convertible Bond。ってやっぱりさっぱりわからない。

要は会社で借金(社債)するのに条件付き(いついつ交換するよって予約した)株に転換できる社債を発行する資金調達の一方法らしい。



ライブドアさんのおかげでむずかしいファイナンスの話も少し興味が湧いてきた今日この頃です。

2005-02-06

[]Mac Mini&iPod Shuffle入荷

1/21に申し込んでおいたブツがどちらも入荷。

宅配の手続きにしておいたのだが、待ちきれずにお店に直接取りに行った。

ついでに純正のKBとマウスも購入。

「マウスが高い!」今回購入時の店のポイントを速攻で全て放出。

「KBが見つからない!」Mac対応KB自体少なくて、3、4軒目でようやく純正が見つかり購入。これも高いねー。

早速自宅でディスプレイに接続。DVI-VGA変換挟んで接続すると端子部分が出っ張ってカッコ悪くなった。壁にベタ置きができないぞー!みんなどうしてるんだろう?

流石に液晶ディスプレイまでは純正にする気なし。

2005-01-08

[]Macストアに行ってみる

銀座のMacストアに行ってみた。

1Fしか覗かなかったが、予想通りお洒落な雰囲気。フロア全体が白で統一されてる感じ。

iBookが11万。iPodも買うと更に2万キャッシュバック!!

に惹きつけられたが、良く見たら学生割引だった。ガックリ。

本体だけでよいので早く10万を切って欲しいものです。

1/11:追記

と思ってたら出た!

「米Apple,499ドルの「Mac mini」や100ドル切る「iPod shuffle」などを発表」

両方合わせても600ドル。10万いかないじゃん。これ買おう。

2003-09-06

[]カメラ付き携帯って。。 22:56

P504isというのを買ってみる。

プライベートの携帯なんてTELとMail、あと2、3箇所インターネットサイトチェックできればそれで十分と思っていたが、買ってみたら見事にハマってしまった。ドコモ恐るべし。

アウトドアで写した映像をすぐにメールできるって結構楽しいかもという気にさせてくれます。

うーん、旅先からこれ使えば、もはや絵葉書入らずかもしれないなぁ。。

あとiアプリってのもこれまでバカにしてたんだけど、使い出したらこれまたハマってしまって。。

犬の飼育ゲームで昔のたまごっちみたいなのがあるんだけど、

犬好きの私としては見事にハマってしまったわけで。。トホホ。

2003-09-03

[][]実践セキュリティ 白崎博生(株式会社アスキー22:55

1.常時接続

(1)Webページの書換え状況

http://www.attrition.org/mirror/attrition/

http://www.flashback.se/hack/

2.ファイアウォール(ルータ編)

(1)端末型接続とLAN型接続

①端末型接続

ISPからのグローバルIPアドレスは一つ。

接続するたびに異なるアドレスが割り当てられる。

②LAN型接続

ISPからのグローバルIPアドレスは複数。

固定の連続したアドレスが割り当てられる。

3.攻撃された時の対処

(1)JPCERT/CC

http://www.jpcert.or.jp/

(2)FIRST(Forum of Incident Response and Security Teams)

(1)以外のCSIRT(Computer Security Incident Response Team)の連絡先とりまとめ

http://www.first.org/team-info/

2003-08-06

[]WindowsNT4.0のSP6aアップグレード 22:55

職場で預かっているノートがNT4.0SP3だったため、セキュリティ上最新SPにする事に。。

ただ同マシンにあるIEを5.5以上にしてしまっていると単純にOSアップはできないようです。

そもそもの原因は、米国からの輸入規制措置のあやというか、暗号化製品の輸出の緩和があやになったというか。。

以下ご参考まで。

http://ww2.wt.tiki.ne.jp/~rlyeh/security/tips/JP250867/

http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=%2Fisapi%2Fgomscom.asp%3Ftarget%3D%2Fjapan%2Fsupport%2Fkb%2Farticles%2Fjp250%2F8%2F67.asp

2003-07-15

[]Sun教育受講(iForce SunCompetency) 22:55

三軒茶屋キャロットセンターの11FにあるSUNの研修会場で受講。

エデュケーションセンターというだけ?あって、中はこじゃれており洗練されたたたずまいでした。

カップ式のコーヒー自販機が無料で飲めるのがうれしかったりもします。

この日の講義は営業向けの製品説明のみのため、内容自体は非常にたいくつなものでしたが。。

あとキーバインドがわからなくて、Solaris上での日本語入力の仕方が最後までわからなくて。。

ちょっとGoogleしてみましたが、CTRL+SPACEもしくはCLRL+Uだったのかなぁ。。

2003-07-09

[]Web Application Stress Tool 22:54

ApacheベースのWebサービスのパフォーマンス測定を実施する場合、abが一般的ですが、同ツールでは単一URLへのリクエストでしかできません。 実際のWebアクセスに近い、複数のユーザがそれぞれページを遷移していくことをシミュレートするツールの1つとして、「Web Application Stress Tool」MS Web Application Stress TutorialがMicrosoftから無料で提供されています。

以下、最新バージョンのBuild 293: (02/04/2000) で説明しますが、日本語のガイドASP アプリケーションのロード テストもあるため、シンプルな説明に留めます。

1.起動

Microsoft Web Application Stress Toolを起動します。 メイン画面と合わせてCreate New Scriptも同時に表示されますが、メイン画面からでも同様の操作可能のため、ここでは利用しません。よって、同画面はここで消しておきます。

2.事前準備(スクリプトの記録)

①まず最初に試すのがCreate Recordです。負荷を計測したいサイト及びWebブラウザの準備をしてから、メインメニューのScripts->Create->Recordを選択すると以下の画面が表示されるので、以下のように選択して、Next->Finishとクリックします。

②以下の画面に合わせて、以下のhtmファイル(~/Microsoft Web Application Stress Tool/samples/blank.htm)も開かれます。htmファイルが開かれたブラウザとは別のブラウザで試験を実施したい場合、この画面を閉じ、別のブラウザを起動して、スクリプトを作成しても構いません。ただし、起動時の初期画面は空白(about:blank)としておかないと、起動した段階で初期画面のURLからスクリプトが開始されてしまいますので注意して下さい。これで試験のベースとなるスクリプトの記録準備は完了です。あとはあらかじめ用意したシナリオに基づき、ブラウザ上で実際の操作を実行し、最後にStop Recordingを押すまでのスクリプトが記録されます。

3.設定及び利用方法

①例えば、Google(http://www.google.co.jp/)をアクセスした場合の結果も記録できますが、ブラウザがIEの場合、一般に外部のURLをアクセスする場合には、プロキシサーバの設定を外部接続可能なサーバに変更しておく必要があります。(Microsoft Web Application Stress Tool起動後のIEのプロキシサーバの設定は、強制的にlocalhost:8000に変更されてしまいます。)ただし、これは負荷試験を行う対象のサイトをローカルに構築した上で、実施すれば特に問題はないでしょう。

②記録したスクリプトを再現したい場合、該当のスクリプトを選択後、Scripts->Runで操作は再現され、その結果はReportsとして記録されます。ReportsはView->Reportsで確認できます。

③複数のユーザからのアクセスを再現したい場合、Usersを追加します。UsersはView->Usersで追加でき、最大100人分の登録が可能です。

④Stress(負荷)その他の設定は、ScriptsのSettingsで設定します。ここでStress level(threds)はUsersで登録したユーザ数分大きくできます。Stressを100以上にした場合、Stress multiplier(sockets per thread)で更に大きくする事も可能です。例えば、Stress level(threds):100、Stress multiplier(sockets per thread):10とすれば、100×10=1000人分の負荷を仮想的に実現する事ができます。その他には、Test Run Time、Use Random Delay等を調整する事により、シミュレートしたい負荷状況を設定する事ができます。

4.その他Web負荷試験ツール(ご参考)

スポットで行う負荷試験及びその後のチューニング作業では、Microsoft Web Application Stress Toolで十分かと思われますが、なるべく実環境に近い状態で測定を行う場合は、同ツールよりも複雑なシナリオ作成、多機能な市販の負荷試験ツール(マーキュリー・インタラクティブ社の「Load Runner 7.02」 製品情報 : LoadRunner、負荷テスト、ストレス・テスト 等)を使用する事をお勧めします。