Hatena::Groupbook

すまいりブックレビュー

「Smily Books Blog」(2014年からはこちら)

2013-11-23

[]行動科学を使ってできる人が育つ! 教える技術 石田 淳(かんき出版)

1.教えるとは

相手から望ましい行動を引き出すこと

2.知識と技術に分けて教えること

(1)知識:聞かれたら答えられること(例:スポーツのルール)

(2)技術:やれと言われたらすぐにできること(例:ボールの投げ方)

3.行動は分解して教えること

(1)分解した手順のリストが教える相手が使うチェックリストになる

(2)まずは前提知識、次にやり方をチェックする

4.行動は具体的に教えること(MORS)

(1)Measured:計測できること(数値化)

(2)Observable:観察できること(誰が見てもわかる、見える化)

(3)Reliable:信頼出来ること

(4)Specific:明確化されていること

5.やらないことリストを作る

(1)通常のやることリストを作ったら、優先順位の低い項目を明確にする

(3)優先順位の低い項目は「○○はやらない」として、やらないことリストに作り直す

6.考え方を分解して教える

 考えるという過程を一つ一つの行動に分解し、その手順を説明すること

7.書かせて教える

(1)覚えて欲しい事はキーワードだけ抜き出して書かせる

(2)考えて欲しい事は自由記述で書かせる

8.9つの教授事象(ロバート・ガニェ)

(1)指導に注目させる(Gain attention)

 最初のツカミ、キッカケとなる質問など

(2)学習のゴールを示す(Describe the goal)

 最初にその日の目標を伝える

(3)必要な知識を振り返る(Stimulate recall of prior knowledge)

 前提知識を思い出させ、すぐ活用できる準備をする

(4)学ぶ内容を提示する(Present the material to be learned)

 その日学ぶ事のうち重要な事を絞って伝える

(5)学習の手引きを提供する(Provide guidance for learning)

 実施例、たとえ話を使ったり、相手が既に知っている知識に結びつけて説明する

(6)練習させる(Elicit performance “practice”)

 実際にやってもらう、テストする

(7)有益なフィードバックを与える(Provide informative feedback)

 練習した結果を伝える

(8)学習成果を評価する(Assess performance)

 練習結果に関連した事項をテストする

(9)使いこなせるようにする(Enhance retention and transfer)

 様々な状況で知識を使いこなせるようにする

[]お母さんにしてもらったことは何ですか? 大山 真弘(サンマーク出版)

1.内観

(1)お母さんにしてもらったことを内観する(1週間かけて振り返る)

(2)お母さんにお返しした事を内観する

(3)お母さんに迷惑かけた事を内観する

2.「○」と「C」があるとほとんどノン人が「C」の方に目がいく

(1)完全なものより、欠けたものに目がいってしまう

(2)満たされた幸せには気づきにくいが、ちょっとした不幸には敏感に気づく

3.ありがとうの反対語は「当たり前」

(1)自分に関わる全ての出来事に「ありがたい」と感じる事

(2)自分に見えている「当たり前」は半分で、見えていない半分がある事にありがたく感じる事

4.お母さんの呼称(古い言い方)

 「カカ」「カッカ」は太陽が照り輝く様子をもとにした擬態語