Hatena::Groupbook

すまいりブックレビュー

「Smily Books Blog」(2014年からはこちら)

2012-01-22

[]成功のコンセプト 三木谷 浩史(幻冬社)

1.仮説は右脳と左脳のキャッチボールから生まれる

(1)右脳から生まれるアイデアやひらめきは論理的なフレームワークに落とし込む事でビジネス可能な仮説となる

(2)感覚や直感を仮説という具体的な形にするには、フレームワークをあらかじめ左脳で理解しておく必要がある

2.消費の多様化

(1)経験やエンターテインメントとしての消費が増えている(必要な物だけを買うための消費ではない)

 深夜ドン・キホーテでウロウロする、ブランドのバッグを買う、高級レストランに行くなど

[]大震災後の日本経済ーー100年に1度のターニングポイント 野口悠紀雄(ダイヤモンド社)

1.クラウディングアウト

(1)東日本大震災という混雑により通常の需要が押し出され、復興のための投資需要が優先される

(2)日本経済は「需要不足」から「供給制約」に変わった

2. 復興のタイプは復旧型でなく転換型がよい

 円高を容認し製造業中心からサービス業中心の構造改革が必要

3.復興財源は国債でなく増税がよい

 01年末以降、預金残高は増えていないのに国債が増えている

4.震災日本経済のブループリント

(1)工場は西日本に、サービス業は東日本がよい

 ITサービスであれば、電力を使うサーバは西に、SEやプログラマは東で仕事をする

(2)イギリス的な産業構造で電力問題をクリアする

 金融業を中心とするサービス業の比率を高め、少ない電力使用で高い経済活動を成立させる

5.資産大国として生きる

(1)2007年から2008年に日本の対外資産(純資産)は三分の一以上を失った

(2)所得収支の黒字で貿易収支赤字をカバーする(アメリカ、イギリス式)

(3)新興国にモノを売るのでなく、投資する

 ①所得水準の低い新興国にモノを売っても低コスト生産が必須のため、ジリ貧

 ②ODA供与の専門家をファイナンスできるよう育成すること