Easy Reading

(非)日常(通常の日記)へ
鴉とオレンジ(HP)へ
2005 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 10 |

2006-4-26

[]わたしたちの田村くん 著:竹宮ゆゆこ 絵:ヤス

ゆゆ様デビュー作にして去年有数の話題作を、本当に今更読了。なんていうか、もうね、遅すぎるだろうと。世間に怒濤の勢いで取り残される感想ブログ、それがeasy reading。

で、読んで納得。これは評判になるわ。1巻は、ぶっちゃけて言えば三角関係突入する前の下準備なんだけど、どちらの話も女の子を魅力的に書くのが上手い。まずヒロインキャラ性を前面に出し、それからヒロインの抱える問題を出して主人公に悩ませる、という形式なんだけど、これが驚くほど上手くいっている。こうすれば、主人公に難なく感情移入できるし、ゆえに主人公が助けたいと思うヒロインも非常に魅力的に見えるもの。んで、三角関係突入の2巻は……ああ、これは賛否両論になるわ。主人公グダグダっぷりやらヒロインの痛さが目立つのはさすがに引っかかった。こちらがこの小説ラブコメだと括っちゃってるからか、余計に痛く思える。だけど、思春期高校生の迷走ラブストーリーだと思えば、まあ許容範囲グダグダの末の決着は納得のいくものだったし。

ということで、個人的にはラスト肯定派です。だって松澤さん派だから! 面白かったです。ああ、ただ付録短篇の高浦さん家の家族計画は正直いらなかったと思う。

 評価:★★★☆

2006-3-12

[]とらドラ!1 (電撃文庫) 著:竹宮ゆゆこ 絵:ヤス

昨年の新人ではトップと謳われた竹宮ゆゆこの新作はタイガー&ドラゴンとらドラ! 何しろ前作の評判が高かったから期待していたけど、うん、確かに楽しかった! 凶暴でツンデレな手乗りタイガーこと大河を始め、魅力的なキャラにテンポのいい構成と、実に良質のラブコメ主人公に素直に感情移入できるのも大きなプラス要素だし、北村のズレたキャラも良いし、みのりんは出番が少ないのが勿体ないくらいの良キャラ。この読んでいてむずがゆくなる感覚はまさにラブコメの醍醐味ですね。ハチクロ風に言うと青春スーツを頭まですっぽり被っている人を見ている気分。『面白い』というよりは『楽しい』という感じだったな。

前評判通り、いい作品で満足。★★★★でもいいくらいだけど、次への期待を込めて、今回はこれくらいに留めておきます。わたしたちの田村くんも積んでいるし、楽しみが増えてきて嬉しい限り。

 評価:★★★☆