Easy Reading

(非)日常(通常の日記)へ
鴉とオレンジ(HP)へ
2005 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 10 |

2005-7-08

[]異邦の騎士 (講談社文庫) 著:島田荘司

 前に読んだ御手洗潔の挨拶*1イマイチだったからちょっと警戒していたけど、これはなかなか。少なくとも前述の本よりはずっと良かったです。積み重ねられた偶然の上に成り立ったトリックには疑問を覚えなくもないけど、伏線からすると納得のいくものだしそこに至るまでの演出が非常に良かったので無問題。こういう先入観が覆されるような展開は大好き。……と、ミステリとしてはなかなか面白かったんだけど、評判通り泣けたかと言うと……。どのシーンが泣き所かは分かったけど、個人的に良子がまったく好きじゃなかったのでさっぱり。現実にはいもしない主人公の妻に嫉妬するのは展開上仕方ないからいいけど、男の御手洗に嫉妬する必要がどこに……? そんなこともあって、好みのタイプからはだいぶ外れてた。にしても、御手洗は出会ったころからすでに変人だったのね……。あと『彼』はこんな格好良かったのね、挨拶を読んだ時は何とも思わなかったけど。

 これもイマイチだったら著者のシリーズはもう読まないだろうな、と思ったけど杞憂に終わりました。長編のが向いてるのかしら?

 評価:★★★☆