Easy Reading

(非)日常(通常の日記)へ
鴉とオレンジ(HP)へ
2005 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 10 |
 | 

2006-3-28

[]傀儡后 (ハヤカワJA) 著:牧野修

牧野修小林泰三と同系統と言われている訳がよく分かりました悪趣味極まりない舞台設定といい、人の醜悪な部分を喜々として描写している点といい、なるほど確かにこれは小林泰三(ひいては江戸川乱歩)の傍流だわ。特にこの作品はΑΩに似てますね。頭の中に鮮烈なイメージを浮かび上がらせる描写力はさすが。なかでも街読みのビジョンを文字で完全に再現している様は圧巻の一言。その上で言葉・文章のリズムに一々気を遣っているのも凄いとしかいいようがない。もうこのイメージの奔流に流されるままに読み終えてしまえるほど。ただ、話も同様に流されて流されて訳の分からない方向へ行ってしまうのが難点。内容はいくつか枝分かれしているのですが、それも収束したようなしないような、イマイチ釈然としない。もはや話が私の理解できる範囲を超越していました。

話がもっとよく纏まっていたら文句なく良作認定だったんだけどなー。でも内容二の次で文章のみで読めてしまえるのも確か。小林泰三が好きな人にお勧め

 評価:★★★☆

 |