Easy Reading

(非)日常(通常の日記)へ
鴉とオレンジ(HP)へ
2005 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 10 |
 | 

2006-3-15

[]カレとカノジョと召喚魔法〈6〉 (電撃文庫) 著:上月司 絵:BUNBUN

ああ、良い作品だった。あの急転直下というべきラストからどう繋げるのか、期待も不安も同じくらい大きかったのだけど、良かった。記憶が戻るところの唐突さと、巫女さんの扱いの不遇さは微妙だったけど、不満はそれだけ。中盤以降、今までの伏線を一気に収束していく展開には非常に惹き付けられた。回収の仕方が上手いっていうか、そもそもこの作品にはこんなにも多くの伏線がちりばめられていたのか。前半がゆるーい日常描写だった反面、後半の畳みかけるような展開の熱さときたら! そしてラストとそのイラストで少しだけ感動を覚える。実にいい作品だった。それにしても最後の最後でリールゥがものすごいいいキャラになっている件について。ネタバレになるから多くは言えないけど、私はこういうキャラ大好きだ!

金もなかったのに1巻に手を出した自分にちょっと感謝。ここ1,2年の新人では、構成力は間違いなく群を抜いているんじゃないかな。次回作も期待大。

 評価:★★★★

 |