Easy Reading

(非)日常(通常の日記)へ
鴉とオレンジ(HP)へ
2005 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 10 |
 | 

2006-3-10

[]奇蹟の表現〈3〉竜(ドラゴン) (電撃文庫) 著:結城充孝 絵:KEI

奇蹟の表現3巻。あぁぁどんどん地味さが加速していくー……orz いえ、地味さが味になればそれでいいと思います。でもこれは地味さがかえって平坦な展開を強調してしまっている気が。ナツの出番はおろかシマの活躍さえもどんどん短くなるし、代わって幅を利かせているのは警察のシーンやらミクニのシーンやら非常に盛り上がらない場面ばかり。そして話自体が単調なものだから、『?』を使わず『……』で代用する文体も鼻につく、という悪循環。今回で初めて、次回に続く、という形になっているんだけど、イマイチ惹き付けられない。地雷ではないから金返せ! というふうには思わないんだけど、値段分楽しめたかと言われるとNO。一番始末に困るパターンですね。

なんかもうこの先の展開とかどうでもよくなった自分がいる。1巻の面白さは取り戻せそうにないどころか下り坂だし、次が出ても回避でよさそう。

 評価:★★☆

 |