Easy Reading

(非)日常(通常の日記)へ
鴉とオレンジ(HP)へ
2005 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 10 |
 | 

2005-12-31

[]“骨牌使い(フォーチュン・テラー)”の鏡 (ファンタジー・エッセンシャル) 著:五代ゆう

和製ファンタジーの最高傑作。噂は聞いていたけど、これは本当に素晴らしかった! 寸分の狂いもないほど緻密で美しい世界観で魅了するファンタジーも数多くある。物語の展開で読者を興奮させ、感動させるファンタジーも多い。しかし、その二つが見事に両立したこの作品は、間違いなく和製ファンタジー歴史に名を刻む一冊。タロットを元に、一から織り上げられた、<詞>が麗しく響きあい調和する世界観にねじ伏せられる。それでいながら、激しくうねり、熱く展開し、美しく収束する物語に引き込まれずにはいられない。今年最後にこの一冊を読めた私は幸せです。ファンタジーを愛する人は必読。

 評価:★★★★☆

年間ベスト10

1位 銀河英雄伝説(全20巻) 著:田中芳樹

今年は文句なしでこれ。綺麗に書き分けられたキャラ達、しっかりとした構成力、迫力ある艦隊戦など、欠けたところの一つもない名作。スタートダッシュも良かったけど、ラスト3篇の神がかりっぷりは本当に言葉に出来ないほど。貸してくれた友人、本当にありがとう。でもその友達も、同じクラスのもう一人の銀英伝好きも両方同盟派なので、帝国派の私としては非常に肩身が狭いです……。

2位 DIVE!!(全4巻) 著:森絵都

読み終わった時はこれが1位だと思っていたんだけどね……。数少ないスポーツものの中でも最高傑作だと思います。丁寧でこちらの心に響く心理描写は言うまでもなく、たった一瞬のダイブ描写、そしてそれに全てをかける三人の少年達のなんと熱いことか。特に、一つの試合を軸に多角的視点で書かれた最終巻の凄まじさは圧巻の一言。この小説の登場人物全員に勝利の栄光を。私は森絵都という作家が心の底から大好きです。

3位 バルビザンテの宝冠 王の星を戴冠せよ&ミゼリコルドの聖杖 永遠はわが王のために 著:高殿円

<骨牌使い>の鏡と迷ったけどこちらで。とにかくジャスターとコンスタンシアの二人に泣かされてしまったのだから仕方ない。あの二人のラストシーンは何度読んでも泣けます。もちろん、陰謀劇としても少年の成長物語としても、素晴らしい物語でした。ラストの場カップルっぷりはご愛敬w 高殿円は遠征王も読んだけど、こっちのが断然好き。またこういうシリアスオンリー物語を書いてくれないかしら。

4位 <骨牌使い>の鏡 著:五代ゆう

これは今日読んだので、そちらの感想から。今年に読めて良かったです。

5位 恋愛中毒 著:山本文緒

今年読んだ一般小説ではこれがトップ。正直、自分でも凄く意外です。とにかく、溜めて溜めた末に爆発したというべきラストの戦慄が全て。それまでに積み上げられた要素、絶妙に配置された登場人物、引きずり込まれるような心理描写、それらどれをとっても、凄い、としか言いようがない。山本文緒の実力を実感させられた。

6位 Dクラッカーズ(全8巻&外伝2巻) 著:あざの耕平

6位は尻上がりに面白くなったこのシリーズ。最初はバトルの微妙さとか1巻の構成とか首を傾げることが多かったんだけど、4巻以降の熱さは特筆すべきモノ。特に最終巻の展開は熱すぎて泣けてくる。景&梓のカップルを始め、最高の登場人物でした。彼らに幸あれ。あ、一番好きなのはBBBの三人です。

7位 玩具修理者 著:小林泰三

友人がこぞって褒めているわけがよく分かった。『玩具修理者』はグロ描写もさることながら、無駄ひとつない理想的な構成がお見事。つづく『酔歩する男』も、緻密に組み立てられたSF論理に引き込まれ、ラストの戦慄に恐れおののく。ホラーSFも、一冊で両方楽しめる傑作。薦めてくれてありがとうその2。だけど、ΑΩ(小林泰三の別作品)は泣けないと思いますよ?

8位 ALL YOU NEED IS KILL 著:桜坂洋

お前それ感想書いてないだろ作品その1。発売されたのは去年ですが、読んだのは今年です。300Pちょっとに詰め込まれた密度の濃いSF。始まりの戦場シーンでつかみはバッチリ、魅せられたままに、駆け抜けるようにして読了。駆け抜けた末の、コーヒーの味がどうしようもなく切ない。漢の物語

9位 刹那 ~そのとき彼女が願ったこと~ days of broken blood 著:山下卓

お前それ感想書いてないだろ作品その2。本編最初の感想はあるんだけどね……。これもまた読んだのは今年。二人の出会いに始まった、穏やかながら危うい日常の描写を積み重ねていった末のラストに泣いた。最後までお互いを思い続けた二人が切なく、愛おしい。読み終わったあとは扉絵のHACCAN氏のイラストを見ただけでも涙が……。

10位 掌の中の小鳥 著:加納朋子

今年は加納朋子の作品を色々読んだけど、その中でも一番良かったのはこれ。この作品を読むまでは「加納朋子は穏やかな雰囲気や優しい感じが好きだけど、ミステリとしては別に……」と思っていたけど、参りました。ここ最近の作品は感動系に偏っているけど、またこういうミステリ系を書いてくれないかしら。

今年の収穫は、高殿円森橋ビンゴ小林泰三加納朋子貴志祐介という作家達に出会えたこと、ということで一つ。

来年もいい作品に沢山で会えますように。

 |