Easy Reading

(非)日常(通常の日記)へ
鴉とオレンジ(HP)へ
2005 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 10 |
 | 

2005-12-31

[]“骨牌使い(フォーチュン・テラー)”の鏡 (ファンタジー・エッセンシャル) 著:五代ゆう

和製ファンタジーの最高傑作。噂は聞いていたけど、これは本当に素晴らしかった! 寸分の狂いもないほど緻密で美しい世界観で魅了するファンタジーも数多くある。物語の展開で読者を興奮させ、感動させるファンタジーも多い。しかし、その二つが見事に両立したこの作品は、間違いなく和製ファンタジー歴史に名を刻む一冊。タロットを元に、一から織り上げられた、<詞>が麗しく響きあい調和する世界観にねじ伏せられる。それでいながら、激しくうねり、熱く展開し、美しく収束する物語に引き込まれずにはいられない。今年最後にこの一冊を読めた私は幸せです。ファンタジーを愛する人は必読。

 評価:★★★★☆

年間ベスト10

1位 銀河英雄伝説(全20巻) 著:田中芳樹

今年は文句なしでこれ。綺麗に書き分けられたキャラ達、しっかりとした構成力、迫力ある艦隊戦など、欠けたところの一つもない名作。スタートダッシュも良かったけど、ラスト3篇の神がかりっぷりは本当に言葉に出来ないほど。貸してくれた友人、本当にありがとう。でもその友達も、同じクラスのもう一人の銀英伝好きも両方同盟派なので、帝国派の私としては非常に肩身が狭いです……。

2位 DIVE!!(全4巻) 著:森絵都

読み終わった時はこれが1位だと思っていたんだけどね……。数少ないスポーツものの中でも最高傑作だと思います。丁寧でこちらの心に響く心理描写は言うまでもなく、たった一瞬のダイブ描写、そしてそれに全てをかける三人の少年達のなんと熱いことか。特に、一つの試合を軸に多角的視点で書かれた最終巻の凄まじさは圧巻の一言。この小説の登場人物全員に勝利の栄光を。私は森絵都という作家が心の底から大好きです。

3位 バルビザンテの宝冠 王の星を戴冠せよ&ミゼリコルドの聖杖 永遠はわが王のために 著:高殿円

<骨牌使い>の鏡と迷ったけどこちらで。とにかくジャスターとコンスタンシアの二人に泣かされてしまったのだから仕方ない。あの二人のラストシーンは何度読んでも泣けます。もちろん、陰謀劇としても少年の成長物語としても、素晴らしい物語でした。ラストの場カップルっぷりはご愛敬w 高殿円は遠征王も読んだけど、こっちのが断然好き。またこういうシリアスオンリー物語を書いてくれないかしら。

4位 <骨牌使い>の鏡 著:五代ゆう

これは今日読んだので、そちらの感想から。今年に読めて良かったです。

5位 恋愛中毒 著:山本文緒

今年読んだ一般小説ではこれがトップ。正直、自分でも凄く意外です。とにかく、溜めて溜めた末に爆発したというべきラストの戦慄が全て。それまでに積み上げられた要素、絶妙に配置された登場人物、引きずり込まれるような心理描写、それらどれをとっても、凄い、としか言いようがない。山本文緒の実力を実感させられた。

6位 Dクラッカーズ(全8巻&外伝2巻) 著:あざの耕平

6位は尻上がりに面白くなったこのシリーズ。最初はバトルの微妙さとか1巻の構成とか首を傾げることが多かったんだけど、4巻以降の熱さは特筆すべきモノ。特に最終巻の展開は熱すぎて泣けてくる。景&梓のカップルを始め、最高の登場人物でした。彼らに幸あれ。あ、一番好きなのはBBBの三人です。

7位 玩具修理者 著:小林泰三

友人がこぞって褒めているわけがよく分かった。『玩具修理者』はグロ描写もさることながら、無駄ひとつない理想的な構成がお見事。つづく『酔歩する男』も、緻密に組み立てられたSF論理に引き込まれ、ラストの戦慄に恐れおののく。ホラーSFも、一冊で両方楽しめる傑作。薦めてくれてありがとうその2。だけど、ΑΩ(小林泰三の別作品)は泣けないと思いますよ?

8位 ALL YOU NEED IS KILL 著:桜坂洋

お前それ感想書いてないだろ作品その1。発売されたのは去年ですが、読んだのは今年です。300Pちょっとに詰め込まれた密度の濃いSF。始まりの戦場シーンでつかみはバッチリ、魅せられたままに、駆け抜けるようにして読了。駆け抜けた末の、コーヒーの味がどうしようもなく切ない。漢の物語

9位 刹那 ~そのとき彼女が願ったこと~ days of broken blood 著:山下卓

お前それ感想書いてないだろ作品その2。本編最初の感想はあるんだけどね……。これもまた読んだのは今年。二人の出会いに始まった、穏やかながら危うい日常の描写を積み重ねていった末のラストに泣いた。最後までお互いを思い続けた二人が切なく、愛おしい。読み終わったあとは扉絵のHACCAN氏のイラストを見ただけでも涙が……。

10位 掌の中の小鳥 著:加納朋子

今年は加納朋子の作品を色々読んだけど、その中でも一番良かったのはこれ。この作品を読むまでは「加納朋子は穏やかな雰囲気や優しい感じが好きだけど、ミステリとしては別に……」と思っていたけど、参りました。ここ最近の作品は感動系に偏っているけど、またこういうミステリ系を書いてくれないかしら。

今年の収穫は、高殿円森橋ビンゴ小林泰三加納朋子貴志祐介という作家達に出会えたこと、ということで一つ。

来年もいい作品に沢山で会えますように。

2005-12-27

[]バッテリー (4) (角川文庫) 著:あさのあつこ

バッテリー4巻。3巻で期待していたほどではなかったけど、十分面白い。待ちに待っていた巧の挫折・バッテリーの危機、という展開で、盛り上がらないわけがない。要所を押さえた心理描写の力も落ちてないし、新キャラも続々登場している割にはちゃんと書き分けが出来ていて好印象。しかし、1巻の時から思っているけどすごく腐臭がきついような……。個人的にはまるマよりもきついな、と思うのは私が腐女子だからでしょうか。まあ、それが面白さを落としているわけでもないのでいいか。あと残すは2巻のみ。正直どんな風に終わるのか全く予想できていないんだけど、期待して待ってます。でもこのシリーズ文庫落ちするのが遅いんだよね……。

 評価:★★★☆

2005-12-26

[]ガンソード ~夢見る頃をすぎても~ (角川スニーカー文庫) 著:倉田英之

タイトルから分かるとおりガン×ソードノベライズ。……ノベライズ? ちょっと違うかも。ウェンディミハエルの兄妹、カルメン、ヴァンのそれぞれの過去話。個人的に、ノベライズというのはアニメを見た人へのファンサービスだと思っているので、これは理想的な形なんじゃないかな、と。ウェンディとカルメンの話はどちらも本編を補完しつつ、単品でもそれなりにいい話になっていて満足。っつーかギャレット兄妹が可愛いです。本編ではほとんど見られなかったので、この二人の掘り下げは嬉しい限り。こんな二人も本編ではああなっちゃうのか……。カルメンの話も良好。やっぱり私はラストでああいう手紙ネタを出されると弱いんだってば。そしてヴァンの話は……本編17話のノリキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!! 天才バーボンとか莫迦大学とかバカかこの小説。バカなのか。バカだよな。ともあれ、アニメが好きな人なら買って損はないと思う出来でした。この出来でラングレン兄弟やファサリナさんの過去話も是非! ちなみに最終回前に読みました。

 評価:★★★☆

2005-12-25

[]虚剣 (コバルト文庫) 著:須賀しのぶ 絵:梶原にき

初・須賀しのぶ。すごく手堅かったです。300ページ足らずに十年近い年月の内容をみっちりと詰め込んでいながら、描写不足に思わせない実力も、どのキャラもきっちりと掘り下げられていることも、もう何もかもがレベルの高い堅実さ。歴史小説を読むのは久しぶりですが(中三の時に司馬の短篇集を読んだくらい)一応はラノベであるせいか文章も読みやすく、それでいて実のある物語に満足。そして丁寧な心理描写のおかげで連也が剣にかける情熱と、妹に傾ける愛情との二つの間で迷い、その末に選んだ結末にも納得できました。良作で満足。個人的にはもっと冒険してくれた方がより好みなんだけど、まあこれは欲張りか。いずれ流血女神伝にも手を出したいなと思いつつ。でも表紙から内容までどう見てもコバルトじゃないです。

評価:★★★☆

2005-12-22

[]ゼロの使い魔 (MF文庫J) 著:ヤマグチノボル 絵:兎塚エイジ

アニメ化おめでとうございます、なゼロの使い魔一巻。……ああ、うん、普通。まさにスタンダードファンタジーコメディで、手堅く楽しいんだけど、逆に書くことがあんまりない。主人公にたまにカチンとくるところがあるけど、そこは出てくる女の子のかわいさで調和。ルイズのデレ化はこれから進んでいくのかしら? 今くらいの分量でも萌えるけど。確かにアニメに向いてそうな内容だと思った。読めたら次も読む予定。

 評価:★★★

2005-12-21

[][][][][][]I love you 作者:伊坂幸太郎石田衣良市川拓司中田永一、中村航本多孝好

アンソロジー。個別に感想書きます。

伊坂幸太郎アンソロで読んでみて分かったけど、伊坂って会話文がべらぼうに上手いのね。会話のテンポのよさと楽しさで満足。話は可もなく不可もなく。

石田衣良:悪い意味ベタ。この人の書くヒロインって男の理想像が入っていて気持ち悪いものが……。正直、寒いです。

市川拓司:私の脳がこの文章を受け付けません。いや、こういう文章は私も書くけどさ……、狙いは分かるけど下手なんだろうね。話も同様。

乙一中田永一:この中ではダントツ。四人の関係が実に良いです。やっぱり白乙一はいいなぁ。……え、なんでもないですよ?

中村航:私的には可もなく不可もなく。主人公恋愛部分と、先輩との部分が乖離しちゃっているのがなぁ。この二つを上手く絡ませられたら良かったんだけど。

本多孝好:誰この村上春樹。話の内容よりも春樹臭がすごい気になった。いや、別にそれが悪いってわけじゃないんだけど……。話の内容は本多短篇にしては微妙

全体的には可もなく不可もなく。私としては乙一中田永一の短篇を読めたからそれで良いです。

 評価:★★★

2005-12-20

[]リセット (新潮文庫) 著:北村薫

スキップは純粋に面白かった。ターンは合わなかったけど良作ではあると思う。でもこれは……。分厚さのわりに話が動くのが半分以上過ぎてからで、そこに辿り着くまでがひたすらたるい。落ち着いた女性的な文章も、話の起伏のなさを強調して眠気を誘うものになってしまっている。それで辿り着いた『リセット』の種明かしもなぁ……。『時と人』というテーマでこれをやる意味が分からない。っていうかタイトル的にはどうみても『リセット』というより『ループ』です。本当にありがとうございました。そしてこのネタなのに、第一部で主人公と修一さんの間に大した恋愛感情が見えなかったのも痛い。落としどころは綺麗だし、地雷ではないと思うけど、私にはさっぱり合いませんでした。『私』シリーズ微妙だったし、北村薫はもう読まなくて良いかな。

 評価:★★

2005-12-19

[]文庫版 百器徒然袋 雨 (講談社文庫) 著:京極夏彦

よく言えばファンサービス、悪く言えば同人誌。だってノリがまんま同人誌のそれなんだもの。どの中編も読んでいて楽しいのは事実だけど、どうにも強引さが目立ちすぎて、なんだかまず最初にキャラありきで、物語はそのキャラを引き立てるためだけにあるような感じがした。しかし、キャラありきの作品にしてはちと特定のキャラ贔屓が鼻につくのは残念。私は榎さん好きだからそれはそれでいいんだけど、京極堂と榎さんが好きじゃない人はこれを読んでも楽しくないだろうな。

 評価:★★★

2005-12-14

[]青が散る (宮本輝全集) 著:宮本輝

最初はあまりのテニスシーンの駄目さに辟易したけど、終わってみるとなかなかの良作。テニスシーンも、対ポンク戦だけはみっちりとした書き込みっぷりで非常に燃えた。作者頑張った。それ以外のシーンはやっぱり駄目なんだけど。450Pで、大学生活四年間を急ぎ足になることなく書ききったのは評価。あれだけ人物出ているのに全部書き分けが出来ていて、なおかつきちんと掘り下げられているのは凄いことかと。ただ、テニス生活が終わってからは作品の盛り上がりも終わっちゃったような感じがして、間延びしたように感じられたのは残念。ともあれ良作でよかった。テニス文学というよりは青春群像劇に近いですね。

 評価:★★★☆

2005-12-13

[]カレとカノジョと召喚魔法〈5〉 (電撃文庫) 著:上月司 絵:BUNBUN

このラストで新刊が来月に出ないのは新手のイジメですか? ということでカレカノ5巻。いつもにもまして日常描写が多く、最終決戦近いのに大丈夫かな……と思っていたら、ラストが、ラストがーっ!! 詳しくは語られてないけどあれはつまり遊矢死亡ってこと? 本当にひどい引き。他にも、トラップ戦に燃えたり、ラスト一巻前にして異様にキャラ立ちまくったまどかさんに笑ったりと満足の一冊。初登場の巫女さんがやたら影薄いんだけど……これは最終巻活躍ということでFA? ともあれ、とにかく続きを、続きを!

 評価:★★★☆

2005-12-11

[]空ノ鐘の響く惑星で〈9〉 (電撃文庫) 著:渡瀬草一郎 絵:岩崎美奈子

空鐘9巻。恋愛面に重きを置いても面白さは相変わらず鉄板。今回は次巻のつなぎと今までのフラグ伏線回収がメインかな? 恋愛面に関しては二組成立おめでとう&酔っぱらって……展開キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!! メビウスの正体はかなり意外でびっくり。多分、時間系列的にはあの人の子孫と見るのが妥当だろうけど……。フェリオの出自が大体明らかになった(そしてあの人の死亡グラフorz)今、残った謎というとメビウスの正体とライナスティくらいだと考えると、確かにあと数巻で終わりそうですね。どんなラストを迎えるのか、楽しみ楽しみ。にしても今回の口絵&挿絵あらゆる意味で凄いなー。

 評価:★★★★

AndresAndres2007/05/09 16:10http://216ce5a2c32fb97b8d36ce76560262f5-t.paqhjy.info <a href="http://216ce5a2c32fb97b8d36ce76560262f5-h.paqhjy.info">216ce5a2c32fb97b8d36ce76560262f5</a> [url]http://216ce5a2c32fb97b8d36ce76560262f5-b1.paqhjy.info[/url] [url=http://216ce5a2c32fb97b8d36ce76560262f5-b2.paqhjy.info]216ce5a2c32fb97b8d36ce76560262f5[/url] [u]http://216ce5a2c32fb97b8d36ce76560262f5-b3.paqhjy.info[/u] 7fa65cee1f761effece035829656330a

2005-12-10

[]シナオシ (富士見ミステリー文庫) 著:田代裕彦 絵:若月さな

やられた! 完膚無きまでにやられた! あーもう、キリサキ読んでいて『時間』とかの設定はすでに知っていたはずなのに、どうして引っかかるかなー。途中までは今回は引っかからないぞ、と余裕だったのに結局今回も見事に引っかけられてやんの。いやもう、後書きでも書いてあるとおり、キリサキの焼き直し、と言われたら本当にそれまでなんだけど、だからといってラストどんでん返しの鮮やかさがキリサキに劣るなんて事は全くない。気持ちいいくらい爽快に騙されました。もう快感です。よって前回と同じ評価。キリサキを読んでいても読んでいなくてもあんまり変わらないけど(強いて言えばラストくらい)、どっちにしてもこれから読む人は予備知識ナシで読むことを推奨します。あー気持ちいい読書だった。

 評価:★★★★

2005-12-05

[]火車 (新潮文庫) 著:宮部みゆき

期待していたほどではなかったけど、面白い。やっていることは結局捜査→新事実発覚→また捜査→事実発覚、そして推理→また捜査……の繰り返しなんだけど、『彼女』の正体をゆっくりゆっくりと暴いていく、そのじらし方が上手い上手い。早急にばらして謎そのものの魅力を消すことなく、じらしすぎて読者を飽きさせてしまうこともない、絶妙なさじ加減。これではどうしたって物語に引き込まれてしまう。ここら辺の魅力の有無が小野不由美ミステリとの決定的な差だよなぁ。ラストも、賛否両論はあるけど、これでいいんじゃないのかな? あれ以上続けたら多分陳腐になったろうし。それにしても宮部みゆきは嫌な人間の書き方が本当に上手いね! 読んでてむかむかしたよ!(褒めてます)

 評価:★★★☆

2005-12-01

[]アルスラーン戦記〈4〉汗血公路 (角川文庫) 著:田中芳樹 絵:天野喜孝

アルスラーン戦記3巻。手堅いし、面白いことは面白いんだけど、さすがに前巻ほどの密度はないかなー。戦闘シーンにしても、戦象部隊ほどの迫力はなし。というか260P程度しかないのに一冊読むのにかなり時間がかかる……うぅ、銀英伝の時はかかっても面白かったから気にならなかったんだけど……と思いながら読んだらラストうえぇぇぇぇぇ!? 全く予想外のところから出てきて読みながら口をあんぐり開けてしまった。この人がこんなに出張ってきたということで、次はどうなるんだろ……? すんなりとパルス奪還にはもうならないだろうし。

 評価:★★★

 |