Easy Reading

(非)日常(通常の日記)へ
鴉とオレンジ(HP)へ
2005 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 10 |
 | 

2005-11-07

[]神様家族 (MF文庫J) 著:桑島由一 絵:ヤスダスズヒト

あー……なんだ、私には合わなかった。これが人気が出るのも結構分かるし、実際ツボにはまれば面白いんだろうけどね。ギャグ小説のツボの範囲は意外に狭いのかも。

神様の息子である主人公は、親バカでちょっと望んだことでも何でも『奇跡』で叶えてくれる父他家族に辟易し、自分の力で初恋を成就しようとする。この作家自体初読みなんですけど、実にテンポがいいですね! 会話はもちろん作品全体が。キャラも多く出ている割には各々それなりに立っていてなおかつ被っていないのも◎。最後は無理矢理終わらせた感があるけど、その前の環境変化の書き方はかなり良く全体的には文句なし……なんだよねツボにはまっていたら。基本的にテンポの良さとキャラの面白おかしさで笑わせる小説なんだけど、そのキャラがぶっとびすぎてて全く好きになれなくて笑えない罠。主人公適当さが腹立つし、ママさんは笑うにはDQNすぎて引く。家族全員(テンコ除く)に言えることなんだけど、神様の能力に甘えすぎているのがどうにも不愉快。いや、そういう小説なんだから突っ込んじゃいけないんだろうけどさー。

というわけで、造りはいいけど水が合わなかった小説、ということでFA。実力はある人だと思うので、前々から気になっていた大沢さんに好かれたい。はいずれ読むつもりだけど、とりあえずこのシリーズの続きはいいや。

 評価:★★☆


[]ネコソギラジカル(下)青色サヴァンと戯言遣い (講談社ノベルス) 著:西尾維新 絵:take

やっぱり何だかんだ言っても私はこのシリーズが大好きです。っていうかそうじゃなかったらわざわざ昼休みに学校抜けて買いに行ったりしないしね!(もちろん午後の授業には出ました)

戯言最終巻。前巻読了後に思った「多分まともにまとまらないで破綻するだろうな」という後ろ向きな確信は見事に払拭された……わけではないです。伏線放置はおろか、何故か最終巻になっても新しい伏線が張られ(当然のごとくそれも放置)、ほとんどの物語は書き足りないところが多く破綻を迎える。正直、3/4まではやっぱりダメかと思ってました。そんな中、最後のひとつ前の幕、『物語の終わり』で提示された赤色と橙、戯言遣いと人類最悪、そして『世界の終わり』をめぐる四人の物語の結末はすとんと腑に落ちて、あぁこのラストが見られただけでも私はこのシリーズを読んでいて良かった、という気になれた。とにかくいーちゃんと西東の会話から最後の銃声にいたるまでは最高潮と呼ぶにふさわしい展開で大満足。エピローグは蛇足感があるけど、個人的にこのエンドは歓迎。荒唐無稽に進んでいた物語には、案外こういう凡百なハッピーエンドが似合うのかも知れない。

クビキリサイクルを読んだのが中三の時だから……足かけ3年。未消化の伏線も、書き足りてないところも、破綻したところも、全てひっくるめて私はこのシリーズが大好きでした。読めて良かった。……次回作には全く期待してないですが。

 評価:★★★★

 |