Easy Reading

(非)日常(通常の日記)へ
鴉とオレンジ(HP)へ
2005 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 10 |
 | 

2005-9-25

[]海を見る人 (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション) 著:小林泰三

だーかーらー、私は理系の人間ではないんだってorz 総合すると面白かったんだけど、ガチガチのSFは私にはちょっときつかったようです。

表題作含め全7編の短篇集。どの作品もガチに理論を組み立てたハードSFで、特に世界観が話の軸に関わる『時計の中のレンズ』と『天獄と地国』は全く理解が追いつかない。特に前者。誰かあの世界を私に分かりやすく説明してくれorz そんなレベルなので全く話に入れないまま読了。後者は途中まではなんとかついていけたのだけど、オチあたりで降参。他の話は世界観はなんとなく理解できたり感覚でつかめたりで問題はなかったんだけど。また、『母と子と渦を旋る冒険』は普通にイマイチ。オチも弱いし、何がやりたかったんだろ。それ以外の短篇は概ねいい感じ。表題作は、切なさ溢れる設定・展開と綺麗に締めたオチで素直に泣ける傑作短篇小林泰三で泣かせ系という、信じられない組み合わせですが存外に良かったです。まあ泰三作品で泣くなんてこれが最初で最後だと思いますが! 他、『独裁者の掟』は作品を俯瞰する冷酷な視線ときっちり盛り上がる展開が良好。『キャッシュ』は非常に理解しやすい設定とミステリ風味のストーリーが◎。『門』はオチが非常に綺麗。最初のハードSFっぷりにこけたかと思ったけど、読んで良かった。

時計の中のレンズ』と『天獄と地国』以外は普通にファンタジーとしても楽しめる出来なので、そこまでSFが好きじゃない人にもお勧めSF好きなら文句なく。個人的にベストは表題作。次が独裁者の掟。そんなところ。

 評価:★★★★

 |