Easy Reading

(非)日常(通常の日記)へ
鴉とオレンジ(HP)へ
2005 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 10 |
 | 

2005-8-17

[]しずるさんと偏屈な死者たち (富士見ミステリー文庫) 著:上遠野浩平 絵:椋本夏夜

だーかーらー、上遠野氏にミステリーなんて期待しちゃダメなんだって……。1冊で決めるのはダメかもしれないけど、氏のシリーズ物では1番出来が悪い気が。

殺竜事件の経験から覚悟はしていたけど、やっぱりこの人ミステリーに向いてないと思う。普通にロジックのよさに期待するにはあまりにもガタガタで脆く、当然美しくない。かといってバカミスとして読むにはしょぼすぎて笑えない。結局どっちにいっても中途半端なんだよね。特に最初の二つは本当にひどい出来。無理矢理過ぎるだろそれは……と言いたくなるレベル。後の2つはそれに比べるとまだマシだけど、決して良いものではないです。ならばこれはソフト百合ものとして読むべきなんだろうと読み方をシフトしてみたんだけど……萌えるには二人とも無個性で魅力がない罠。しずるさんはミステリアスなだけで探偵役以上の個性はなく、よーちゃんは本当にストーリーを進める聞き役でしかない。ゆえに会話もつまらない。一々「あなたは優しい人ね」とか言って褒める前に行動でよーちゃんの優しさとやらを見せてくれ。つーか合間にあるはりねずみチクタのぼうけんって何……? 面白くもないしそもそもなんであるのかも分からないんだけど……。

ミステリーキャラクターも全てが低水準。少なくとも百合ものとして無理してでも楽しもう! と思えばまあ読めなくもないです。つまらないだろうなと思って買ってやっぱりつまらなかったんだからある意味で正当か。

 評価:★☆

 |