Easy Reading

(非)日常(通常の日記)へ
鴉とオレンジ(HP)へ
2005 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 10 |
 | 

2005-7-03

[]荒野の恋〈第1部〉catch the tail (ファミ通文庫) 著:桜庭一樹 絵:ミギー

 本当にこの路線の桜庭一樹は当たりばかり。『赤×ピンク』然り、『推定少女』然り、『砂糖菓子の弾丸は撃ち抜けない』然り。当然この作品も外れな訳がない。

 今までに比べて文章が幼い気がして(というか他のに比べると下が白い)第一章の半ばまでは特に面白いとは思わなかったけど、それ以降はじわじわと面白くなってくる。人物の立ち位置はこれ以上ない、というほどはまってる。荒野の心理描写は言わずもがな。甘さと痛さが絶妙にブレンドされた雰囲気にはまるともう抜けられない。久々に恋愛小説でドキドキしたな。そして読み終わったあとの熱っぽい酩酊感。素敵。あとイラストが非常に良いですね。カラーを見た時は特に思わなかったんだけど、モノクロの柔らかさが小説マッチしていて。

 金がなかったのと恋愛ものだと聞いて発売当初は回避したのですが、やっぱり買って良かった。でもお金がないのは不可抗力だからね! お金って偉大。次は秋だそうで、楽しみ。

 評価:★★★★

 |