茗荷丸読書記録 RSSフィード

2005-05-20やさしい訴え

やさしい訴え

■やさしい訴え(小川洋子)


暗い過去を抱えた3人の癒し(?)の物語。読了後、図書館に『やさしい訴え』の入ったCDを探しにいきました。

ちょっとだけネタばらしをすると、夫の不倫から山の中の別荘に逃げ出してきた「わたし」は、チェンバロを作る新田氏と、そのお手伝いの薫さん、そして目も見えず耳も聞こえない老犬のバグ・ドナに出会います。「わたし」は次第に新田氏に惹かれていきます。

ドナがなんとも象徴的です。「わたし」にはどうしても新田氏の肝心の部分=闇が見えません。新田氏の奏でる音楽を聴くこともなりません。絶対に。

ようこりん(※小川洋子さんのことを勝手にそう呼んでます)作品では珍しく、「わたし」は新田氏を奪おうと行動に出ます。ドナをさらって殺そうとします。そう、これはまぎれもない自分殺しです。ですが、機を逸してしまいます。

ようこりん作品(とくに初期)には、静謐な死(タナトス)の空気が漂ってます。ですが、ここにあるのは静謐な生です。それは破滅的なタナトスを経て得られたものです。誰が何を思っているか互いに熟知し、その上で全てを認め、共に生きる大人の世界です。しかもそこには恋愛感情が深く横たわっています。ある意味、非常に奇妙な静謐感です。

少女マンガなんかでよく友達とその彼氏(実は自分も彼が好き)の動向にやきもきするシーンがありますが、その一歩先をかいま見せてくれる、希有な、そして心温まる物語でした。

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/gennaio/20050520

2005-05-19格闘する者に○

格闘する者に○

■格闘する者に○(三浦しをん)


ひさしぶりに読書感想文を書いてみる。理由は特にありません。

この著者は本屋大賞ノミネートで知りました(この本ではないですが)。

若い人の処女作とあって、こまかい不満を言ったらキリがありません。

ですので、いいことだけを書きます。

この三浦しをんという作家は辛いことや嫌なことをオブラートに包んで笑い飛ばす、そんな川原泉的なすばらしい素質があります。おそらくこれは天賦のものでしょう。

若い作家の青田買いが好きな人、あと就職活動に巻き込まれている人(就職活動の話です)は読んで損はありません。

私はこの作家の成長を見守っていきたいと思います。

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/gennaio/20050519

2005-05-18ぐるりのこと

ぐるりのこと

■ぐるりのこと(梨木香歩)


梨木香歩さんのことは本屋大賞ノミネート(『家守綺譚』)で知りました。

ニーチェが「大地に忠実であれ」と下から上への垂直方向の思考を言ったのに対し、この著者は自分から周囲へと、そしてまた自分へと、といった水平方向の思考にトライしています。

正直、読みづらいし、読み応えがあります。

それは、思考のプロセスをひとつひとつ検証しながらゆっくり歩みを進めていく、その忍耐力にあります。

私も含めて、ともすれば多くの人は(時間の制約に追われて)安直な解を出したがります。

しかし著者はそのような態度を断固として拒否し、時に自省しながら、駒を進めてゆきます。

話題は周囲の草花からイラク戦争まで広範囲におよぶにも関わらず、あくまで水平に、上から何かを声高に叫ぶこともせず、これら私を取り囲み少なからず犯されている『ぐるりのこと』の正体に向かって思考します。

「家守綺譚」を読んだときに感じた、深みがなく、それでいて豊穣な独特の世界に驚かされたのですが、この本を読むにつれ、その秘密の一端が分かったような気がしました。

TVタックル的なマッチョな思考回路に毒されている人、またそういう思考回路にうんざりしつつも自分の考えの表現手段が分からない人にはうってつけの良書と断言できます。

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/gennaio/20050518

2005-05-17おんなのことば

おんなのことば

■おんなのことば(茨木のり子)


茨木のり子さんのことは随分前に読んだ詩のこころを読む(岩波ジュニア新書)で知っていました。この新書子供も大人もぜひ読んでおくべき最高の本です。

さてこの「おんなのことば」ですが、とてもちいさくて装丁がとてもかわいらしい本です。図書館にちょこんとありました。選者は著者本人ではありませんが、茨木のり子ベスト盤の位置づけです。

一般に詩というのはとかく分かりづらく、正しい方向で没入しないと何を言わんとしているのかてんで分からなくなります。ですが、茨木のり子さんはわかりやすい言葉で、レトリックもなく、常に直球勝負です。

大好きなのは冒頭の「自分の感受性くらい」です。

自分の感受性くらい/自分で守れ/ばかものよ

もうクラクラきてしまいます。思春期の子に詩のこころを読む(岩波ジュニア新書)セットで贈りたい一冊です。

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/gennaio/20050517

2005-05-16鎮魂歌

鎮魂歌

■鎮魂歌(茨木のり子)


茨木のり子さん3作目となる詩集の復刻新装版です。

本書は短い詩集と長編詩「りゅうりぇんれんの物語」の二部構成です。

ちなみに表題が「鎮魂歌」とありますが、葬式めいた内容では全然ありません。茨木さんの生に溢れています。

なんと言ってもこの本は「りゅうりぇんれんの物語」に尽きます。第二次世界大戦末期に中国の農村で道すがら突如日本奴隷労働者として拉致された男の、実話に基づく叙事詩です。お涙頂戴に流れることなく、茨木さんはいつものように平易な言葉で、正面から毅然と事実を受け止め、詩にしたためています。

子供にも読ませたい著作です。

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/gennaio/20050516

2004-11-05赤い部屋

江戸川乱歩全集 第1巻 屋根裏の散歩者

■赤い部屋(江戸川乱歩全集 第1巻 屋根裏の散歩者)


 殺人鬼の回顧談。狂気の描写が真に迫っているような気がして、乱歩の空想力の凄さがとてもよくわかる。

 それだけに、後半部分の成り行きは少々安易な気がしないでもない。だが、それを差し引いても、前半部分の気持ち悪さは現代にも十分通じる。後の、最高に不気味な「闇に蠢く」を思わせる感覚がある。

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/gennaio/20041105

2004-11-03黒手組

江戸川乱歩全集 第1巻 屋根裏の散歩者

■黒手組(江戸川乱歩全集 第1巻 屋根裏の散歩者)


 探偵ものに興味のうすいあたしでも、このお話は大変おもしろかった。誰も死なないし、「黒手組」なる謎の誘拐団の存在もまた、なんとも少年探偵団めいていていい。結末も文字通りのハッピーエンドで、こんなあか抜けた娯楽作品、乱歩作品の中では珍しいのではないか。

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/gennaio/20041103

2004-11-02心理試験

江戸川乱歩全集 第1巻 屋根裏の散歩者

■心理試験(江戸川乱歩全集 第1巻 屋根裏の散歩者)


 あたしは転職するさいに、面接の場でよく適性検査を受けさせられた。ここでいう「心理試験」は、その類いのものだ。

 実際の心理試験はもっと巧妙なのだろうが、ここでの心理試験は実に素朴なものだ。ともかく、嫌疑をかけられた犯人は、この心理試験をかいくぐろうとご苦労なな努力をする。

 解説によれば、このお話は「D坂の殺人事件」で詳述できなかった心理試験のようすを改めてそこだけ書いたものだという。

 探偵そのものにはさしたる関心のないあたしにとってはちょっと物足りなかった。

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/gennaio/20041102

2004-11-01D坂の殺人事件

江戸川乱歩全集 第1巻 屋根裏の散歩者

■D坂の殺人事件(江戸川乱歩全集 第1巻 屋根裏の散歩者)


 「D坂」こと団子坂はわりと近所なので馴染みがある。ただ、このお話に出てくるようなひなびた情緒はもうあまりない。

 このお話で明智小五郎がはじめて登場する。また、トリックというか状況が複雑なため、話全体が知的な謎解きに費やされている。そのためか、探偵小説家・江戸川乱歩の佳作としてよく紹介されている。

 だが、あいにくあたしは探偵にはさほど興味がない。そのため、殺害された女の夫が物語から放置されたままであることがどうしても不満に思う。夫に存分に語ってもらいたい、と思わせるシチュエーションなのだが。

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/gennaio/20041101

2004-10-31双生児

江戸川乱歩全集 第1巻 屋根裏の散歩者

■双生児(江戸川乱歩全集 第1巻 屋根裏の散歩者)


 双子の弟が、兄を殺害した。そのため、

「一軒の鏡屋の前で、私はあやうく卒倒しかけたことがあります。そこには、無数の同じ男が、私の殺した男が、千の目を私の方へ集中していたのです」。

 精神分析の世界では、自分を象徴的に殺す(そして生まれ変わる)というお話があるが、これは逆に、大して恨みのない他人を実際に殺しているためか、殺した他人に自分が乗っ取られそうになっている。その描写がすばらしいだけに、超短編なのが悔やまれる。

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/gennaio/20041031