茗荷丸読書記録 RSSフィード

2006-04-29あおぞら

あおぞら

■あおぞら(星野夏)

夏さん、しあわせになってほしい。読み終えて本を閉じ、心からそう思いました。

涙が止まりませんでした。

おじさんの目から見れば、文章は拙いし、行動は軽率で、思考は短絡的。こぅちゃんも、多分、すごく美化されすぎている。

でも子供なんだから、不器用なのは当たり前。

そのなかで、過去の数々のショッキングなことに目を背けることなく、事実事実として消化するのは、ましてや文章にするのは、大人でもなかなかできないことです。

ラストのこぅちゃん誕生日ライブにたくさんの人が詰めかけ、みんなが手をつないだ。これは夏さんにとってこの上ない救いだったのでしょう。これがあったから、この本はできたのだと思う。

人を信じることのむずかしさ、そしてかけがえなのなさを痛感されられた一冊です。

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/gennaio/20060429

2006-02-10元外交官が教える24時間でお金持ちになる方法

元外交官が教える24時間でお金持ちになる方法

■元外交官が教える24時間でお金持ちになる方法(原田武夫)

 メルマガで紹介されていたダイジェストが面白そうだったので読んでみました。

 内容を一言で言えば、世界お金持ちはどん欲に情報収集し日々トレードしている、というものです。

 中身は至って具体的です。何時に起き、どこの何を見よ、という指南です。私も試しに一日書いてある通りに実行してみましたが、とてもじゃないけど体が持ちませんでした。

 しかしながら、一部はとても機知に富んでいて、容易に実行できます。例えば、電車月曜日発売の週刊現代週刊ポストの中刷りをチェックせよ、それは今週のオヤジの羅針盤だ、とか、火曜と金曜は閣議関連の発表があるかもしれないので朝のニュースのチェックは必須、とか。

 日中は職場で一時間おきにニュース株価携帯でチェックする、というのは非現実的な気がします。役に立ちそうなことを自分なりにピックアップして実践する、お金持ちになるヒントが書かれた本、ととらえるなら、結構いい本だと思いました。

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/gennaio/20060210

2006-02-06ねむの木の子どもたち

■ねむの木の子どもたち(宮城まり子)

■続・ねむの木の子どもたち(宮城まり子)

 歯医者の待合室に「ねむの木」の展覧会画集がありました。ふとページをめくると、どれもすばらしく形と色彩が心にしみる絵ばかりでした。私はそれまで「ねむの木」という存在を知りませんでした。

 「ねむの木」とはなんなのだろう、と図書館で検索すると、上記の文庫本が出てきたのでさっそく借りてみました。

 「ねむの木」とは静岡掛川にある肢体障害児(者)の施設、というよりはオルタナティブコミュニティ。そこでの日々の暮らしが園長・宮城まり子の視点で描かれています。

 重い障害、発達の極端な遅れ、親の家庭の事情、という重荷を背負った子供たちが、徐々に、そしてやがて無防備なまでに心を開いていく様が美しい。

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/gennaio/20060206

2006-01-31スーツの神話

スーツの神話

■スーツの神話(中野香織)

 日経新聞連載「モードの方程式」の人がずいぶん前に書いた本です。図書館で目にとまりました。タイトルの「神話」が今となっては古くさいですが、とりあえず読んでみることにしました。

 さいわいなことに中身はえせアナール学派風ではぜんぜんありませんでした。

 男の正装が中性のひらひらから現代のツーピースに至るまでは「男はいかにあるべきか」という物語、それをめぐるモードの戦い、階級の相克があった。そのことがコンパクトに、かつ面白く書かれていました。

 ただ、現代から過去に遡及して単線的に歴史が述べられているため、どうしても深みが足りない。思想面も文章が足りない。新書だから仕方ないのでしょうが。

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/gennaio/20060131

2006-01-30すごい会議

すごい会議

■すごい会議(大橋 禅太郎)

 だれもが心の中では(なんとかしないと)と思いつつも、いざ会議になるとそれはそれは退屈きわまりないものになってしまい、そこでの決定事項もうやむやのうちに葬り去られて、じゃあ一体あの会議は何だったの? 意味ないじゃん! という繰り返しをこの本に書かれた通りにやれれば解決できそう、と思わせてくれる内容でした。

 説教ではなく実際に起こったことを淡々記述してあるところにかえって説得力があります。

 難を言えば、会議の方法論ばかりが表に立ち、コーチングのハワードの気の利いたコメント会議の様子が実感として感じられないのが残念です。

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/gennaio/20060130

2006-01-29NYPD No.1ネゴシエーター最強の交渉術

NYPD No.1ネゴシエーター最強の交渉術

■NYPD No.1ネゴシエーター最強の交渉術(ドミニク・J. ミシーノ)

 ビジネス選書を紹介するメルマガの紹介文がおもしろかったので図書館で借りてみました。

 軽妙な語り口調の文章はすらすら読め、2度も読み返しました。

 しかし内容は濃く、また、即実行できそうなことが書いてありました。著者の炯眼は、

・こどもの相手をするのも人質交渉も全て等しく交渉である。

目標の達成のためには、決定を下すボス交渉人、記録係の役割分担が必要

・相手に誠実に接するのと、相手を信じるのは別

と思いました。

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/gennaio/20060129

2005-05-24明日入院します。

入院の準備で大あらわです。

本を読む暇ありません。

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/gennaio/20050524

2005-05-23雪国のくらし

雪国のくらし(ポプラ社 シリーズ日本各地のくらし)


新潟のくらしを調べる必要があって図書館に行ったのですが、ここは東京都の区の図書館、そんな資料は児童書しかありませんでした。仕方なくその児童書『雪国のくらし』を借りてきました。

ところが、これが面白いのなんの。舞台新潟県十日町市。あの旧・山古志村の隣村です。これだけでも興味がそそられます。適宜地元の小学生の作文が掲載されていて、雪国の生活の実感が生き生きと湧いてきます。ちなみに私は九州生まれで、東京より北には住んだことがありません。

この本、旧版(1988年版)と新版(1999年版)の二つがあるのですが、どちらも同じ十日町市を取材しているにもかかわらず、内容に重複が少なかったです。どちらかと言えば旧版が面白かったです。

内容は、冬の準備に始まり、登下校の大変さ、雪国ならではの遊び、除雪作業等、もう雪、雪、雪。

とくに印象に残ったのが「しみわたり」です。

「しみ」は「凍み」で、凍った棚田をスキー板や長靴やおしりでびゅんびゅん滑り降りるあそびです。棚田と棚田の間を滑空するときの、子供恍惚とした表情が目に浮かびます。あたしゃ怖くてできません。

ほんやら洞」も印象的でした。これは旧版の記述で、新版は「かまくら」と表記されています。「ほんやら洞」のほうがかわいいのに、もうそういう風に呼ばなくなったのでしょうか。

旧版にしかないのですが、タクシーの運転手さんのコメントが泣けます。「行くのは行っても、帰りに雪がふってきて走れなくなることもあります。車の中で一晩待つしかありません」。そういう場所は無線も届かないそうです。オーマイガー!(;_;)。

雪国では、各自が役割を果たし、みんなが連帯して雪と戦っています。濃厚な共同体です。そういうものにある種の憧憬を抱きつつ、この児童書を真剣に読んでしまいました。

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/gennaio/20050523

2005-05-22性遍歴

性遍歴

■性遍歴(松本侑子)


松本侑子さんのことは名前しか知らなかったのですが、

『性の目覚めと好奇心、体の変化、初恋、セックス、別れ、結婚妊娠…一人の女の性にまつわる心身の成長、ヰタ・セクスアリスの「性遍歴」』

という裏表紙のうたい文句に誘われて図書館で借りました。短編集です。

●性遍歴

結局最後は即物的な性描写で落ち着いてしまっています。本家「ヰタ・セクスアリス」(森鴎外)のスカートの下を覗き見するドキドキワクワク感、焦燥感、喪失感には遠く及びません。駄作です。

女装夢変化

こっそり女装するサラリーマンの話。これは「性遍歴」とは打って変わって実に面白かったです。女装者の自伝をパクったかのような緻密かつ(女装しない私にも)リアリティある心理描写で、ああ可哀想に女装者はこんなに苦労をしていたんだ、と思わせるしみじみした短編です。

通常、性的嗜好はヘテロホモの二つに分けられますが、これはいかにも我関せずの鳥瞰的な分類方法です。自分の性同一性なんてあやふやなことがこの分類からは抜け落ちています。そこを見事に突いているのが個人的に嬉しい。

●初恋

説教臭い。以上。

●ナツメの実

少女マンガのようなお話です。主人公は冴えない田舎の女の子で、フランス育ちの裕福ですばらしく綺麗な女の子と友達になります。しかしすばらしく綺麗な女の子は家庭の事情で愛に飢えています。友達も主人公ただ一人です。こういう設定、嫌いじゃないですが、なにしろ文章短すぎます。

●新しい扉

レズビアンの按摩師と、ノンケだがリベラルな女社長の交流を描いています。ちょっと都合がいいんじゃない?という設定がなきにしもあらずでしたが、とてもいい話でした。本書の中では一番の出来です。二人とも相手を思いやることのできるいい人です。二人は相手に惹かれ、自分を見つめ直し、足りない点を補い、自分の中の壁を徐々に乗り越え近づいていきます。性的描写はないけれど、なぜかその過程がたまらなくエロティックでした。

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/gennaio/20050522

2005-05-21博士の愛した数式

博士の愛した数式

■博士の愛した数式(小川洋子)


図書館で予約を入れたとき予約待ちが200番目くらい。ようやく読むことができました。

各所でべた褒めの『博士の愛した数式』ですが、私はまずとまどいました。ちっとも小川洋子さんらしくないのです。

これまでのようこりん勝手にそう呼んでます)の作品ならば、ちいさな存在である「わたし」が博士の(悪魔の囁きに似た)数学の世界に美しく呑み込まれてしまう、といった話になるはずです。

でも違う。

「わたし」と博士との間には個人対個人の関係が貫かれ、「わたし」はいつまでも「わたし」であり、博士もずっと博士のまま。なのにそこによそよそしい冷たさはなく、儚くも深い交流が確かにあります。

私は随分とようこりんの作品を読んでいますが、こんなのは初めてです。

また、粗さも目だちました。

これ以前のようこりん作品はおしなべて、精巧に作られた工芸品よろしく、一分の隙もありません。

しかしこの作品では「わたし」のかつての恋人放置プレイだし、博士と義姉の関係もあやふやな記述のままです。ラスト部分もちょっと性急に感じました。

それでも、それでも本屋大賞に選ばれるだけのすばらしい物語です。

そして、ようこりん改新の野心作でもあります。闇を覗き込む/闇に吸い込まれるのではなく、闇を抱えた人間をおもんぱかり、そのような人と適切な距離を保って幸せにもっていくか、という、平凡にして底の知れないテーマにようこりんは一歩足を踏み込んだのです。

闇に耐えきれず、自殺に話を持っていく著者はあまたいます。それを(設定の妙があるとはいえ)ハッピーエンド(?)に持っていったようこりんの手腕は大したものです。

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/gennaio/20050521