名無しのオプの積み本消化記

2007-03-23

[][]谷川流 『ボクのセカイをまもるヒトex12:49 谷川流 『ボクのセカイをまもるヒトex』 - 名無しのオプの積み本消化記 を含むブックマーク

ボクのセカイをまもるヒトex (電撃文庫)

ボクのセカイをまもるヒトex (電撃文庫)

およそ半年の放置

谷川流シリーズの中でも一番読者を選ぶだろうシリーズ

雑誌連載している部分があって、たぶんこれがそれに当たるのだろうと思うのだけれど、

奥付近辺にそういった記述をしてくれないからよくわからない。

電撃文庫はたいていそうだ。

著作リストは行き届いているのに、足下が見えていないみたいで。

個人的にはラノベ初心者には薦めにくく思う。

ある程度読み慣れて、ラノベ特有のガジェットに慣れた目で見ないと。

そういったガジェットをふまえて、物語が構築されているように思うのだ。

特にこのシリーズは、その傾向が強く感じる。

ハルヒ」もそうではあるのだが、一般受けを考えて薄目の風味付けになっているから。

2007-03-21

[][]京極夏彦 『邪魅の雫23:07 京極夏彦 『邪魅の雫』 - 名無しのオプの積み本消化記 を含むブックマーク

邪魅の雫 (講談社ノベルス)

邪魅の雫 (講談社ノベルス)

およそ半年の放置

序盤が泥濘に浸かったかのごとく重々しく、

一体何が起こっているのか把握できないのは、

読了して始めて判るということだった。

あまりに実験的な作品に思えた。

果たしてそれが成功しているかは別にして。

2006-09-20

[][]高野和 『七姫物語 第三章 姫影交差』 22:21 高野和 『七姫物語 第三章 姫影交差』 - 名無しのオプの積み本消化記 を含むブックマーク

七姫物語〈第3章〉姫影交差 (電撃文庫)

七姫物語〈第3章〉姫影交差 (電撃文庫)

一年と半年の放置

一冊目と二冊目がひどく好みだったので、この続きも、と思っていたのですが、

読み始めて、どうも口に合わない。

何かがそれまで二冊と異なる。

長々と放置し、四冊目の出た現在に至るといったところ。

改めて、読んでみると、結構古くさい言い回しをよくする。

何というか、『指輪物語』のような。

また、それも味の一つというわけで。

何となく乗りきれなかった理由の一端も、読み進めることによって判明したことで。

自分が全ての国を把握したわけでもないのに、

全ての国がごたごたと登場し、あちらこちらと暴れ回る。

それは読解を、理解を阻害することこの上ない。

そろそろ、地図とか、登場人物表をつける時期になってきたように思う。

今回は、無くてもそれなりに。

権謀術数渦巻く六つの国のごたごたを、楽しんでいればそれで良い。