Speed Reader

きまぐれ読書履歴と一言感想。
|

2009年09月20日

真保裕一『奪取』

奪取(上) (講談社文庫)

奪取(上) (講談社文庫)

奪取(下) (講談社文庫)

奪取(下) (講談社文庫)

面白いんだけど展開が心臓に悪い・・・あぁ殴られるタコられる!

偽札作り云々は興味ないので結構すっ飛ばしてしまつた。

2009年09月18日

今野敏『果断 隠蔽捜査2』

果断―隠蔽捜査〈2〉

果断―隠蔽捜査〈2〉

前作にもまして読みやすくなっている。

そして今回もこんなご都合主義あるか!と思いつつ一気に読みました。

ありえないけれど、こういう夢みたいな話も悪くはないね。

2009年09月17日

今野敏『隠蔽捜査』

隠蔽捜査 (新潮文庫)

隠蔽捜査 (新潮文庫)

山本周五郎賞受賞作品が2だったのでまず1を読んでみた。

こんな奴ぁいねぇ!と思いつつ最後まで楽しめた。

ライトな文体で非常に読みやすいですね。

2009年09月16日

西尾維新『真庭語』

真庭語 初代真庭蝙蝠 初代真庭喰鮫 初代真庭蝶々 初代真庭白鷺 (講談社BOX)

真庭語 初代真庭蝙蝠 初代真庭喰鮫 初代真庭蝶々 初代真庭白鷺 (講談社BOX)

刀語スピンオフ的な1冊。刀語読んでなくても楽しめますね。

ひとつひとつが短い分浸かるようにはハマれないけど、

まぁまぁ面白かったかな。

2009年09月14日

宇月原晴明『安徳天皇漂海記』

安徳天皇漂海記 (中公文庫)

安徳天皇漂海記 (中公文庫)

鎌倉大好き平家ラブな自分にはたまらない1冊。

南宋の少年皇帝についても興味が湧きました。

しびれるね!

2009年09月11日

佐々木譲『エトロフ発緊急電』

エトロフ発緊急電 (新潮文庫)

エトロフ発緊急電 (新潮文庫)

第二次大戦ものとしては異色かも。

しかし最後にひとところに集まる展開は好み。

ゆきがもうちょっと芯のある女性だったら良かったかな。

2009年09月06日

篠田節子『ゴサインタン―神の座―』

ゴサインタン―神の座 (文春文庫)

ゴサインタン―神の座 (文春文庫)

全てを失ったものと手に入れたものとの落差がでかすぎる。

と、ワタシが思うのは物質社会に汚染されてるから?

いやいや超怖かったです。見えない落とし穴があるよー

2009年09月05日

西尾維新『偽物語』

偽物語(上) (講談社BOX)

偽物語(上) (講談社BOX)

偽物語(下) (講談社BOX)

偽物語(下) (講談社BOX)

相変わらずコントのような会話が楽しい。

エンターテイメントとして最高です。

ストーリー自体が下巻の方が楽しかったな。

熊谷達也『邂逅の森』

邂逅の森 (文春文庫)

邂逅の森 (文春文庫)

良い話でした。イクさんみたいな女性は素敵ですね。

2009年09月04日

帚木蓬生『閉鎖病棟』

閉鎖病棟 (新潮文庫)

閉鎖病棟 (新潮文庫)

イメージしていたものとは違いましたが面白かった。

タイトル違うものにすれば良いのになぁ。

2009年09月02日

澤地久枝『火はわが胸中にあり―忘れられた近衛兵士の叛乱 竹橋事件』

某ブログで紹介されていたので気になりました。澤地さんだし。

日本陸軍唯一の兵士の反乱の経過を丁寧に追っていて澤地さんの熱意が伝わります。

ただ登場人物が多過ぎてちょっと混乱気味になりました。仕方ないといえば仕方ないけど。

|