Hatena::Groupbook

gobbledygook@book このページをアンテナに追加 RSSフィード

bookグループに関する意見などは、はてなダイアリーにお願いします。

2008-08-30

[][]『緋弾のアリア』 『緋弾のアリア』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『緋弾のアリア』 - gobbledygook@book

緋弾のアリア (MF文庫J)

緋弾のアリア (MF文庫J)

禁書目録+ツンデレロリツインテール以上。読んでてサクサク進むんだけど、ツインテールを触手の様に動かした瞬間に同じ作者の『アストロノト』が浮かび、諸々の設定というかディティールが『禁書目録』と重なっている様に感じてしまった。

『アストロノト』の時は、作者の嗜好を序盤からイロイロ詰め込んでいた様に見えたが、これからはそういったモノが感じられないな。

2008-05-19

[][]『アストロノト!3』 『アストロノト!3』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『アストロノト!3』 - gobbledygook@book

アストロノト!3 (MF文庫J)

アストロノト!3 (MF文庫J)

新人のデビューシリーズとしては結構良い線いった気がするが、どんな感じだろうか。

今回の舞台は火星。更に救出ミッション。相変わらず詰め込み過ぎで各所に書き足りない所があるが、概ねこなしてしまった感じがある。三角関係もグダグダと決着したし。

今回ので明らかになったのは、ペンダントは一個しかないって事だ。読み終わった直後「緑ミスリルのペンダントは10年の時の輪の何処で発生したんだ?」と思ったが、そういえば交換してるんだな。これだけ設定にこだわる人がそういう落度は無いか。

一応、次のシリーズも買うかな。

2008-01-28

[][]『アストロノト!2』 『アストロノト!2』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『アストロノト!2』 - gobbledygook@book

アストロノト!〈2〉 (MF文庫J)

アストロノト!〈2〉 (MF文庫J)

一作目で月まで行ったノト達が、今度は『アルマゲドン』をやるという事に。ラブコメに時間要素に宇宙開発モノに魔法をプラスと相変わらず盛り沢山な展開なんだが、前作よりは一つ一つこなしている感じがあり、多少すんなり読めた。

が、妙に墜ちて来る星の描写や設定が、ライトノベル的な範囲を逸脱しがち。つか、作者がロケットまつりに来てると言われても不思議じゃない。細かい計算はしてないと思うけど、ある程度ガチに考えてるかもな。

ただ今回の敵役の設定には無理があったな。魔法で耳や尻尾は隠せるのに、首筋の傷跡が隠せない理由は無い。

2004|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|04|05|06|07|
2010|08|09|10|11|12|
2011|01|02|