Hatena::Groupbook

gobbledygook@book このページをアンテナに追加 RSSフィード

bookグループに関する意見などは、はてなダイアリーにお願いします。

2008-10-03

[][]『パーフェクト・ブラッド 4 道化の魔女と、刻の誘い』 『パーフェクト・ブラッド 4 道化の魔女と、刻の誘い』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『パーフェクト・ブラッド 4 道化の魔女と、刻の誘い』 - gobbledygook@book

タメが無い展開だなー。伏線とか何処にあるんだ?という感じにサクサク進む。エピソードを挟む順番を変えるだけでも多少は改善出来そうな気がするが、ページ数の問題とかイロイロありそうだ。前半はもっと長く続きそうな感じはあるのだが、後半の詰め方をみると、そんなに巻数を重ねない雰囲気が漂う。

もう少し時間を掛けて欲しかった。

2008-06-27

[][]『パーフェクト・ブラッド 3 雪の夜想曲†空の奇想曲』 『パーフェクト・ブラッド 3 雪の夜想曲†空の奇想曲』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『パーフェクト・ブラッド 3 雪の夜想曲†空の奇想曲』 - gobbledygook@book

綺麗に型にハマッてるというか、この手の異能バトル系ではありきたりで使い古されたネタをそのまま持ってきた感じだ。

突然出合った記憶喪失の少女の封印された力が暴走して辺りを死の世界に変える。それを主人公の言葉で食い止める。

こう書くと、そんなんあったよなーと思ってしまう。

少しだけど、文体に違和感があったりしたから、次は考えても良いかな。

2008-01-26

[][]『パーフェクト・ブラッド 1 彼女が持ってるボクの心臓』 『パーフェクト・ブラッド 1 彼女が持ってるボクの心臓』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『パーフェクト・ブラッド 1 彼女が持ってるボクの心臓』 - gobbledygook@book

読み終わって、この人は何処かで読んだ事あると思ったら、去年の二月に読んでるわ。ただ感想は書いて無い。前作がコテコテの学園異能で、その学園パートのグダグダ感がどうしようも無かったのは覚えてるな。

で、今回の学園パートは相変わらずグダグダ。つか、多数の人間を同時に書けて無いと思うので、同時に四人以上は出さない方が良いかな。もう少し閉じた関係に終始すれば、良かったかもな。

物語は、魔法能力が一部の人に遺伝し、それは何かしらのアイテムで発動するという異能力を巡る感じだけど、この巻だけに限るなら学園パートは要らない。次以降のネタフリだと思うけど。戦闘シーンや各々のキャラクタに関する因縁とかもありきたりで、記憶に残らない。まあ、可も無く不可も無くと言って感じ。

暇潰しには良い。

2004|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|04|05|06|07|
2010|08|09|10|11|12|
2011|01|02|