Hatena::Groupbook

gobbledygook@book このページをアンテナに追加 RSSフィード

bookグループに関する意見などは、はてなダイアリーにお願いします。

2009-07-07

[][]『時載りリンネ! 5 明日のスケッチ』 『時載りリンネ! 5 明日のスケッチ』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『時載りリンネ! 5 明日のスケッチ』 - gobbledygook@book

ISBN:9684044732059

リンネの行動を久高の視点で描いてゆくというスタイルで年末年始の日常を淡々と書いているという点が非常に好感度高い。言葉は些か小学生らしからぬモノはある(それは設定上十分にクリアしている)が、その心はまだ小学生という点も良い。

ラスト間際のアクションシーンは控え目ながらも、次へと繋がる一本と言った感じか。転章。

[][][]『ガジェット 無限舞台 BLACK&WHITE』 『ガジェット 無限舞台 BLACK&WHITE』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『ガジェット 無限舞台 BLACK&WHITE』 - gobbledygook@book

これは無いな。一体何がしたかったのか書きたかったのか、ただの一つも見えてこなかった。設定厨なのは想像できるが、これは無い。

2009-07-01

[][]『円環少女 10 運命の螺旋』 『円環少女 10 運命の螺旋』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『円環少女 10 運命の螺旋』 - gobbledygook@book

円環魔法世界を滅ぼしたメイゼルの母の罪が明らかになるのだが、あまりに格好いい。最強とか世界とかそんなモノを遥かに超えた所で世界に疑問をもち、魔法世界にとって必須な神の概念すら疑い、それを殺してしまう。で、お嬢様として育ったメイゼルのある意味開花。アツいけど、いっちゃってる。でも、良いなぁ。中二病センス溢れる展開だけど、クライマックスへの前振りとしては十分だ。

一方、きずなが再演魔法を自分の意志で使い、人を殺してしまったり、道化のような王子護ハウゼン。突如帰ってきた舞花。浮上した"アトランティス"=メイゼルの実家。核兵器。盛り上がってきたーって所で次に。

さてさて、メイゼルのサディストパートはかなり控え目。でも、やっぱり委員長はその毒牙にかかってしまうんだね。

2009-04-08

[][]『放課後の魔術師 3 マスカレード・ラヴァース』 『放課後の魔術師 3 マスカレード・ラヴァース』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『放課後の魔術師 3 マスカレード・ラヴァース』 - gobbledygook@book

どんな魔法を唱えてもプリンになってしまう遥。が、それには(ry 的な一冊。つか、新人魔法使い系(何)では、タライが落ちてきたりと、序盤はダメなんだけど、実はという展開が定番化しつつある雰囲気が。まあ『ゼロ魔』のルイズもある意味同系列か。

ガールズトーク部分のブレが多少気になるし、ジェシカのロジックというか性格とかに疑問点は尽きないし、どうもちぐはぐな感じを各所で受けるのだが、全体としては結構面白かった。

2004|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|04|05|06|07|
2010|08|09|10|11|12|
2011|01|02|