Hatena::Groupbook

gobbledygook@book このページをアンテナに追加 RSSフィード

bookグループに関する意見などは、はてなダイアリーにお願いします。

2008-11-02

[][]『黒猫の愛読書 2 -THE BLACK CAT'S CODEX- 聖なる夜の外典』 『黒猫の愛読書 2 -THE BLACK CAT'S CODEX- 聖なる夜の外典』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『黒猫の愛読書 2 -THE BLACK CAT'S CODEX- 聖なる夜の外典』 - gobbledygook@book

新人の二冊目。第五の福音とか大風呂敷な設定て言うよりも中二病全開な展開に苦笑しながらアリガチなライバルキャラと青春劇を繰り広げるというなんというか判で捺した様なラノベ的展開で更に唖然とする。テンプレート化してるからある意味安心して読めると言えばそうなんだが。

が、サクサクつっかえる事無く読み進める事が出来るクオリティは維持してるんだよなー。もう二回転半ぐらいひねくれてくれると面白くなりそうな気がする。綴のコンプレックスも特殊能力のお陰でいとも簡単にクリアしちゃうしな。便利な能力には足枷が無いと後々困りそうな……。

2008-09-10

[][][]『黒猫の愛読書 1 THE BLACK CAT'S CODEX 隠された闇の系譜』 『黒猫の愛読書 1 THE BLACK CAT'S CODEX 隠された闇の系譜』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『黒猫の愛読書 1 THE BLACK CAT'S CODEX 隠された闇の系譜』 - gobbledygook@book

角川スニーカー文庫の新人。"本の声"が聞こえる少女が巻き込まれる様々な怪異と事件というかなんというか。子供の頃から"本の声"が聞こえるのに、そんなリアクションは無いよなー。学校生活って本があるのは図書館だけじゃない。受動的な力という描写が多いが、それだとかなりな確率で死ねる。

そういう設定的な詰めの甘さが目立つが、辻褄が合わない部分も多々ある。つか、イロイロダメな中でも、魔導書ネタに走った所か。安易過ぎるだろ。『文学少女』とネタ被りになるかも知れないが、そこはミステリで押せば多少は読めたと思うのだが、そうなると全くの別物ですね。

ハッキリ言うと無理。

2004|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|04|05|06|07|
2010|08|09|10|11|12|
2011|01|02|