Hatena::Groupbook

gobbledygook@book このページをアンテナに追加 RSSフィード

bookグループに関する意見などは、はてなダイアリーにお願いします。

2009-04-01

[][]『黄昏色の詠使い 9 ソフィア、詠と絆と涙を抱いて』 『黄昏色の詠使い 9 ソフィア、詠と絆と涙を抱いて』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『黄昏色の詠使い 9 ソフィア、詠と絆と涙を抱いて』 - gobbledygook@book

クルルを救う為に奔走するネイトとネイトの願いの為に闘う人々、そしてネイトを助ける為に自らを投げ出すクルル。コテコテと言われても仕方ないけど、面白い!!

で、全ての名詠を無に帰した状態で、第二部終了。次巻はクルル救出でシリーズ終了かな?

2008-12-26

[][]『黄昏色の詠使い 9 百億の星にリリスは祈り』 『黄昏色の詠使い 9 百億の星にリリスは祈り』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『黄昏色の詠使い 9 百億の星にリリスは祈り』 - gobbledygook@book

今回はほぼ同じ内容の言葉遊びを微妙に視点を変えて三回繰り返すという荒技だ。確かにネイトやクルーエルと個別に観ると差異はあるけど、大体同じだ。

そんな中でも、アマリリスとクルーエルとの関係が明らかになった事が一番なのかもしれないが、ネイトがスッカリ主役の座から追い落とされてしまってる。次からヒロインを救う王子様になれるかどうか。

上手いんだけど、次第に切れ味が鈍りつつあるので、ジックリ書いて欲しいな。

2008-08-20

[][]『黄昏色の詠使い 7 新約の扉、汝ミクヴァの洗礼よ』 『黄昏色の詠使い 7 新約の扉、汝ミクヴァの洗礼よ』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『黄昏色の詠使い 7 新約の扉、汝ミクヴァの洗礼よ』 - gobbledygook@book

第二章開始。空色名詠の目的も段々明らかになりつつあるが、クルーエルの中に棲む空色の真精アマリリスや夜色の真精アーマの隠してる事が逆に事態を悪化させてる様にしか思えないのは気のせいか?コロシアム内での夜色による大量反唱のシーケンスとかは段々上手くなってる感じが良いな。

とまあ、そちらの話はともかく、自覚の無いというか希薄なネイトとクルーエルに当てられる感じで呟くエイダが良い。この辺りはある意味抜け目無いな。

次も期待。

2004|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|04|05|06|07|
2010|08|09|10|11|12|
2011|01|02|