Hatena::Groupbook

gobbledygook@book このページをアンテナに追加 RSSフィード

bookグループに関する意見などは、はてなダイアリーにお願いします。

2009-04-08

[][]『放課後の魔術師 3 マスカレード・ラヴァース』 『放課後の魔術師 3 マスカレード・ラヴァース』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『放課後の魔術師 3 マスカレード・ラヴァース』 - gobbledygook@book

どんな魔法を唱えてもプリンになってしまう遥。が、それには(ry 的な一冊。つか、新人魔法使い系(何)では、タライが落ちてきたりと、序盤はダメなんだけど、実はという展開が定番化しつつある雰囲気が。まあ『ゼロ魔』のルイズもある意味同系列か。

ガールズトーク部分のブレが多少気になるし、ジェシカのロジックというか性格とかに疑問点は尽きないし、どうもちぐはぐな感じを各所で受けるのだが、全体としては結構面白かった。

2008-12-03

[][]『放課後の魔術師 2 シャットダウン・クライシス』 『放課後の魔術師 2 シャットダウン・クライシス』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『放課後の魔術師 2 シャットダウン・クライシス』 - gobbledygook@book

校内の様々な所で応える人工知能のインターフェース"ジェシカ"を巡る話。失った幼馴染みのお姉さんの姿を模したとか垢が付きまくりでコテコテな設定に魔法使いらしく"使い魔"の要素を付加した訳だが、この作品の設定の場合、人工知能が魔法を行使出来てしまったら、余りに強力過ぎないか?ワンワードスペルの比じゃない。一応、魔力の素である"可能性"を人間から摂取しないといけない様だが、それって余りに便宜的な感じがするなぁ。マシンやそれに類するモノが魔法を行使するなら、呪文を記載したマニ車を高速回転とか、カーバンクルを消費とか、何かしらの"生産"か"代償"を支払うシステムの方が最終的にはスマートなのかも知れない。

"ジェシカ"に横恋慕するヲタとかは、ミクに対するモノの様に見えて、実はシャロン・アップルに対するモノに見えた。特にゼロからの人工知能じゃないから興味を無くすとかは、それな該当するんじゃないかな。

学校内の物語なのに、学校でやってる意味を余り感じないのもある。かと言って校外には一歩も出て無い。登場人物を絞り過ぎてるからか。

少し続きは考えるかも知れない。

2008-09-07

[][][]『放課後の魔術師 1 オーバーライト・ラヴ』 『放課後の魔術師 1 オーバーライト・ラヴ』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『放課後の魔術師 1 オーバーライト・ラヴ』 - gobbledygook@book

論理魔術師という魔法体系はシステマティクに見えていながら"血"の要素が強過ぎて少し残念な設定だが、概ねカッチリ作り上げてるから、多分そちらで崩れる事は無いんだろうな、というのが第一印象というぐらいか。

ただ、主人公二人の関係が殆ど確立している周囲には百合要素だったり近親だったりと変態だ。近親はコメディーで書いてるけど、百合が余りにもガチすぎるだろ、これ。好きだから良いけどさ。

そこそこ楽しめそうなシリーズになりそうな雰囲気だ。以後、要観察。

2004|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|04|05|06|07|
2010|08|09|10|11|12|
2011|01|02|