Hatena::Groupbook

gobbledygook@book このページをアンテナに追加 RSSフィード

bookグループに関する意見などは、はてなダイアリーにお願いします。

2009-05-25

[][]『鉄球王エミリー 鉄球姫エミリー第五章』 『鉄球王エミリー 鉄球姫エミリー第五章』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『鉄球王エミリー 鉄球姫エミリー第五章』 - gobbledygook@book

表面上は、下ネタとそれを実行してしまう部分と質量感あるアツい重装備な戦いの両輪で回ってきた魔法無しのファンタジーバトルモノだが、その中にはサクッと死んでゆく重要キャラクタ達とその悲しみが物語を次に引っ張ってゆく力になってきた新人のデビューシリーズだが、下品さとアツさは最後まで維持しつつ、死亡フラグを山程立てていながら最後の最後でヒヨった所で少々残念なのもある。

全体としては新人のデビューシリーズで、これだけなら十分成功と言えるのではないかと。ただエロを封印したらどうなるかは多少不安でもある。

2008-07-25

[][]『戦場のエミリー 鉄球姫エミリー第四幕』 『戦場のエミリー 鉄球姫エミリー第四幕』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『戦場のエミリー 鉄球姫エミリー第四幕』 - gobbledygook@book

素晴らし過ぎます。グレンとエミリーの二本立てな主人公が綺麗に確立してる。そっから二人の関係も微妙に思わせつつも、いつものエミリーの口調と素に戻った口調。ツンデレとは何か違う様には思えるが、それに類する何かがある。

しかし、化けた。ドンドン良くなってくるぞ、このシリーズ。

2008-06-26

[][]『花園のエミリー』 『花園のエミリー』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『花園のエミリー』 - gobbledygook@book

『鉄球姫エミリー』シリーズの3冊目。相変わらずのハイテンションなセクハラとその影に隠された優しさ、そして戦闘シーンの重量感。今回はそれに付け加え国際政治と宮廷の陰謀劇と異世界ファンタジーの王道な展開になってきた。が、ラストのクーデターは驚いた。でも、前巻の序盤からの伏線と言えばそうなんだな。

来月も出るとかだから、必ずチェック。

挿絵がドンドン過激になっている気がするんだが。つか、モロ亀甲縛りは無いだろ。

2004|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|04|05|06|07|
2010|08|09|10|11|12|
2011|01|02|