Hatena::Groupbook

gobbledygook@book このページをアンテナに追加 RSSフィード

bookグループに関する意見などは、はてなダイアリーにお願いします。

2009-06-30

[][][]『銀河乞食軍団 黎明篇1 <蒼橋>義勇軍、出撃!』 『銀河乞食軍団 黎明篇1 義勇軍、出撃!』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『銀河乞食軍団 黎明篇1 義勇軍、出撃!』 - gobbledygook@book

いわゆる銀乞の鷹見一幸版といったところか。オリジナルの方は、先輩に借りて読んだだけだから、あまり熱心な読者じゃなかったので、あまりそっちとの比較は出来ない。

読み始めると軽妙というか伝法調なセリフに説明が加わる序盤に少しゲンナリしながらも、「適当にやっていい加減に仕上げろ」という職人気質のセリフが出始めたらスイスイ話が進んで面白かった。

が、なんで鷹見一幸なんだ?一水っぽい感じがどうも拭えなかった。沙良とかの口調とかが最後まで引っかかってしまったのは残念だ。

でも、これはこれでありだな。

2008-11-23

[][]『回帰祭』 『回帰祭』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『回帰祭』 - gobbledygook@book

回帰祭 (ハヤカワ文庫JA)

回帰祭 (ハヤカワ文庫JA)

小林めぐみ初!!のハヤカワ文庫JA長編。つか、今の今までハヤカワで出て無かった事自体がハヤカワ何やってるんだ?と今更ながらに思ったりするんだが。

序盤から200ページぐらい読んだ辺りで、「これは栗本薫の『レダ』か?」と思いたくなる設定*1の数々に、ネタ被りは無いだろうなーとヒヤヒヤしながら読み進めていった。最終的には違う着地点に落ち着いて良かった良かった。

アンドロイドが直接牙を剥く直前まではホントに面白かった。が、それ以後がどうもグダグダになってしまった気がする。

閉鎖空間に於ける統制社会で、且つ男女比が著しく崩れた人口調整が働いてるとなると、確かに少女達を隔離して教育したり、顔をベールで覆う様な生活習慣が根付くのはわかるが、もう少し心理的倫理的な抑圧というか制限が男の子の側に掛かるんじゃないかな。良くも悪くもジュブナイルな出来にしてしまったが故の欠落かな。明るく書いてしまったのは、登場人物のキャラクタに引き摺られてしまったが故なんだろうが、もう少しねちこくそこを掘り下げて欲しかった。どうしても『レダ』と比較してしまう。

*1:レダにイヴに相当する少年少女、人口受精による人口調整、その中で数少ない自然受胎による人間、人語を解する実験動物、管理された反乱者等々

2008-08-21

[][]『ラザロ・ラザロ』 『ラザロ・ラザロ』 - gobbledygook@book を含むブックマーク はてなブックマーク - 『ラザロ・ラザロ』 - gobbledygook@book

ラザロ・ラザロ (ハヤカワ文庫JA)

ラザロ・ラザロ (ハヤカワ文庫JA)

一昔前に流行った医療系SFというか『パラサイト・イヴ』とかの二番煎じを狙ったモノという雰囲気が漂うが、10年経つとそれという事を気付かなくなるモノですな。多少古臭い感じは漂うけど。

そんな事より、図子慧というと『地下世界のダンディ』を昔々に読んだっきりだったんだけど、こんな耽美というか腐ってたっけ?これからは、コバルト→ハヤカワは一応に関しては少しそっち系がある事を覚えておこう。

2004|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|04|05|06|07|
2010|08|09|10|11|12|
2011|01|02|